ワールドメイトでの面白い体験、すごい体験

たまたま運よく救われた人もいた

次々に入る、ワールドメイト救援隊の活動の様子や、今回奇跡的に助かったワールドメイト会員の話が、衛星放送で紹介されるたびに、涙が出てきてしまう。

感動すると言うより、むしろ驚愕するような事実の数々に、神様とワールドメイトの愛を感じるからかもしれない。

津波の被災地の真っただ中にいたあるワールドメイト会員は、車で奥に逃げようとする人達20人を、次々自分のビルの3階に避難するように導いたらしい。
そして21人で3階に避難したその直後、怒涛のように押し寄せる津波が、家々を飲み込み、非難する人たちを車ごと飲み込みながら荒れ狂う様を見ていたらしい。

もし、そのまま車や走って逃げていたら、その人たちの命は今頃なかったかもしれないと、思ったそうだ。

そして押し寄せる大波が、家を丸ごと押し流して、あわやビルにぶつかるかと言う時、なぜか直角に曲がってぶつからなかったと、言うことだった。

また、あるワールドメイト会員は、4階建てのビルの、いつもその時間は1階で仕事するのだが、たまたま4階で仕事をしている時に地震に遭ったそうだ。
そのまま4階にいたところ、今度は大津波が3階部分まで押し寄せ、3階部分の外壁も壊れて、もはや崩壊かというところ、なんとか踏みとどまり、助かったそうだ。

1階やほかの階で仕事していた方たちは、不幸にも流されてしまい、本当に残念なことだけど、そのワールドメイト会員だけでも命が救われたのは、たまたま4階にいたからだそうだけど、本当に良かったと思う。

そのビルの3階までの外壁が崩壊し、鉄骨がむき出しになった写真まで公開されていたけど、津波の力とは、ちょっと想像を絶するような破壊力だってことが、まざまざと感じて戦慄を覚えてしまった。

今回の震災で亡くなった方の多くは,地震より津波によるものらしいけど、多くが溺死だそうだ。そしてその遺体には、激しい骨折や損傷が伴って酷い状態なんだそうだ。

それを言うと、ますます津波の恐ろしさを感じてしまうと同時に、もう、こんな天災は来ないように真剣に行動しなければと、一緒にいた会員も言っていた。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトでの面白い体験、すごい体験