深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

深見東州・自選画集が「日本図書館協会選定図書」に

深見東州先生の自選画集が出た。( ̄∀ ̄;)

今までもいくつかあったと思うけど、今回は求龍堂という、美術書の老舗から出版される本格画集だそうだ。

そこの元取締役編集部長の松井氏という絵画の目利きの人がいうには、求龍堂から画集が出ると、絵の価値が上がるそうだ。

一流の絵描きさんも皆認める出版社で、絵描きなら求龍堂から画集を出してほしいと思うそうだ。

松井氏は、こんなに上手い画家がいることを、世間に訴えたいと言われていたそうだね。

それから深見東州先生は、「自分がすごい画家というのを自分で気がついていない」らしい。

そこがまたすごいところだと思ったそうだ。

美術界への本格的なデビューになると言われているけど、深見先生はこれからがスゴくなる、と言うことも言われていた。

大絶賛されているけど、そんな一番格式のある出版社にいた編集責任者が言うんだから、これはもう絵画の一流の専門家が認めたってことだよね。

まあ、深見先生の絵をしっかり見たら、だれでもすごいと思うのは間違いないと思うけどね。

あと、この深見東州・自選画集は、「日本図書館協会選定図書」に選ばれたそうだ。

「バッタに抱かれて」に次ぐ、2度目のことだよね。

「日本図書館協会選定図書」は、匿名で専門家50人が分野別に選ぶらしいから、そこには作為的なものが一切なく、純粋に良いものしか選ばれないらしい。

オペラの主役を演じたり、小説書くだけでもチョー驚きなのに、今度は絵画が認められるなんて、誰が見ても先生は超人としか思わないよね。(⌒◇⌒)♬
byあんこ

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

10

コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

11

7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術