ワールドメイトっぽい日々

ワールドメイト神事中だけど、「りゅうぐう」とオシリスが気になる

投稿日:2018年6月27日 更新日:

今日、「はやぶさ2」が「りゅうぐう」に到着したと発表されていた。宇宙に「りゅうぐう」って名前の星があるのかなと思ったら、900メートルほどの小惑星のことだった。

ワールドメイトでも「りゅうぐう」の話は時々あるけど、こちらはあくまで竜宮のことだけどね。乙姫さまのことも。

 

それで「りゅうぐう」という名前は、探査機がその星から物質を持ち帰る様子を、浦島太郎が竜宮城から玉手箱を持ち帰るのに似ているということで決まったそうだ。

まぁ、その名前の通りに竜宮から宝物を持ち帰ってきてくれると思えばロマンを感じるよね。

何でも46億年も前の太陽系誕生時に生まれている星なので、当時の姿を保っていて、太陽系の歴史を解明する手がかりや、生命の起源にも迫る科学的な成果も期待されているようだ。

 

 

ということで、これからさらに地表に着陸して物質を採取したりもするそうだ。

今は引力のバランスから見て最適な距離である高度20キロのところに到着したそうだ。

これ以上近づくと引力に引っ張られてしまうそうで、かといって遠くになると目的となる調査がうまくできないらしい。

衛星は無いそうだけど、万が一小さな衛星が存在していて、衝突しようものなら終わってしまうそうだから、そうならないことを期待していよう。

 

 

ところで、この「りゅうぐう」を探査する「はやぶさ」など、小惑星探査では日本の実績は先頭に立っているそうだけど、この「はやぶさ」の後を追うようにアメリカのNASAが開発した探査船が、今、別な小惑星に向かっているそうだ。

この2つはライバル関係でもあり、協力関係にもあるそうで、このNASAが開発したアメリカ版はやぶさとも呼ばれる探査船の名前が、「オシリス・レックス」という、なにやら古代エジプト冥界の王、オシリス神のような名前になっている。本当は別な意味があって名付けられたものだけどね。

「オシリス・レックス」

 

ワールドメイトでは、エジプトのオシリス神は破壊と創生の神とも聞いているけど、この「オシリス・レックス」が向かっている小惑星が、公募によって「ベンヌ」と名付けられたそうだ。

「ベンヌ」というのは、古代エジプト神話に出て来る不死鳥のことだそうだ。

また「ベンヌ」は原初の神アトゥムの化身として、混沌の中にあった世界に初めて泣き声を発し、有と無を分けたという。そのベンヌの鳴き声でこの世の時間が始まったとの言い伝えがあるそうだ。

 

また太陽と同じように、毎朝、毎夜再生と死を繰り返すとされることから太陽神ラーの魂とも言われている。

そして再生と復活に関わるということで、オシリス神とも結びつくそうだ。

その復活のサイクルが、早朝の空で太陽とシリウス星が出会うヘリアカルライジングのような天体周期と関係があるという説もあるらしい。

 

 

ヘリアカルライジングとは、日の出直前に天体が太陽を伴って登って来る現象のことで、古代エジプトのシリウスと太陽が有名らしい。

古代エジプトでは、夏至のころ(7月下旬)に、シリウスが太陽とともに東天から昇ってくる日が、ナイル川の氾濫期の始まりだと知ったそうだ。そして「イシスの星」「ナイルの星」として崇敬され、この日を太陽暦の始まりにしたそうだ。イシスの神殿はシリウスの出没方向に合わせて設計されている。

 

話が逸れたけど、そんなオシリスとも関係する不死鳥「ベンヌ」だけど、「ベンヌ」と名付けられたこの小惑星には、ちょっと恐いニュースもある。

 

巨大小惑星、117年後に地球衝突も NASAの対策とは - CNN

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は、直径500メートルを超す巨大小惑星「ベンヌ」が、2135年9月22日に地球に衝突する可能性があると発表した。衝突の可能性は低いものの、衝突した場合の威力は、米国が現在配備している核弾道ミサイル群に匹敵するとしている。

NASAはベンヌが地球に接近する事態を想定して、衝突回避のための計画「HAMMER」の宇宙船コンセプトデザインを設計した。このHAMMERをベンヌに突っ込ませるか、核装置を使うかのいずれかの手段で、地球に向かうベンヌの軌道を変えさせることを期待する。

HAMMERはNASAの実際的なプログラムではない。目的は、こうした装置を設計する際の技術的課題について調べることにある。同様の取り組みは、1998年のSF映画「アルマゲドン」などでドラマ化された。

 

わりと大変なニュースだけど、この惑星に限ったことではなく、将来、本当にアルマゲドンのような作戦を行う日がくるのかもしれないよね。

「オシリス・レックス」は、予定通りだと2018年の8月に小惑星「ベンヌ」の写真を送ってきて、その後年末には「ベンヌ」の軌道に到着するらしい。

将来的な資源活用などの目的もあるけど、将来の衝突回避のための調査も兼ねているんだろうね。

 

 

 

小惑星はじき飛ばせる? 衝突阻止に核爆弾も NASAが試算 -  日本経済新聞

2135年に地球に衝突する可能性がわずかながら懸念されている小惑星「ベンヌ」にNASAが開発する全長9メートル、重さ8.8トンの宇宙船「ハンマー」をぶつけて、衝撃で地球すれすれを通過する軌道に変更することを想定。

直径500メートル、重さ8千万トンのこの天体が地球に衝突するコースをたどった場合、回避するために宇宙船を10年間に約50回前後ぶつける必要があることが判明した。25年かけて軌道を変える場合は10回程度に減る。

ただ、直前になって初めて衝突しそうなことが分かった場合、チームは「対応が難しくなる」と警告、核爆弾を撃ち込み、衝撃で軌道変更させる手法も検討している。

 

happy
ワールドメイトでも惑星衝突に関する話は以前から時々聞くけど、まぁ、そんな惑星衝突が現実にならないように祈り続けようかな

 

ミロクちゃん
117年後のことだと思って弛んでるんじゃないの

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.