ワールドメイトと深見東州先生の評判

あらゆる文化を飲み込み、 無二のエンターテインメントへと仕立て上げる男、深見東州

投稿日:2015年7月13日 更新日:

Quick Japan vol120で、森樹という人が、深見東州先生のステージをリポートしているのでそれを紹介。

すでに何度か、この雑誌ではリポートされてきたけど、最近はいろんなメディアで好意的にとりあげられている。

 

Quick Japan vol120

Quick Japan vol120号表紙

 

そもそも昔からスゴイことばかりされていたんだけどね、海外ではいろんなところで、それが評価されてきた。

本当は欧米では、アジア人に対する偏見を持つ人がまだまだいると思う。

白人至上主義とかも、表向きはほとんどなくなっていても、実際はまだ残っているだろうし。

 

たとえばオーストラリアは、未だに白豪主義のなごりが残っているとも聞く。

にも関わらず、パースなどの都市で深見東州先生はとても高い評価を受けている。

シドニーでも白人文化の伝統あるオベラで、大いに貢献され高く評価されている。

そういうことから、おそらくそのようになるまでには、いろんなものを乗り越えてこられたんだろうと想像するけどね。

それにまた、日本では宗教そのものに対する妙な偏見があるけど、海外では宗教の違いという別な角度の問題もあるかもしれないし、よくその中であれだけの評価を得てこられたことに感心する。

 

そもそも深見東州先生は、ワールドメイトの教祖でもあるけど、同時に偉大な芸術家でもある。

それも古今東西の文化芸術に、おそらく世界一精通されていると思っている。

どちらか一方だけに精通する人は大勢いるけど、両方に精通する人は、深見東州先生以外に聞いたことがないからね。

だから海外でも高く評価されるのではないかな。両方に精通する人からしか見えてこないことが、たくさんあると思うから。

 

さらに、そういう東西文化の交流と育成にも、とても力を注がれている。

そういう深見東州先生のスゴイところと、文化の発展や社会貢献に対して、海外の文化人たちは人種や宗教の違いを超えて素直に敬意を払うのだろう。

そもそも芸術とは、人種も言語も宗教の違いも関係なく、素晴らしいものに対しては、世界共通の価値を有するはずだからね。

 

そうやって長い時間をかけて、海外で信用を築かれ、実績を築かれ、理解を深め、友人関係を築かれてきたと思う。

だからマイケル・ボルトンのような世界的なミュージシャン、トニー・ブレアやビル・クリントンのような先進国の為政者、伝説的な一流プロゴルファーたち、福祉関係、学術関係、社会貢献を実行する人たちが友人として、喜んで協力を惜しまないのだろう。

そして日本でも、ややスケールの違いはあるけど、同じことが言えると思う。

日本でも少しづつ、深見東州先生の活動を正しく理解し、評価する人が増えているのかもしれない。

 

Quick Japan vol120

Quick Japan vol120

 

話は逸れたけど、今回のQuick Japanをワールトメイト会員が買っていたから、自分も買った。

毎回ではないけど、これまでも何回か記事が掲載されてきた。

今回もかなり的確な表現の面白い記事だと思った。

 

「オペラ歌手、舞台俳優、画家、作家、宗教家など、数多くの肩書きを持ち、あらゆる文化を飲み込み、 無二のエンターテインメントへと仕立て上げる男、深見東州」というくだりには、なるほどと思ったし。

深見東州先生は、音楽でも小説でも宗教でも何をやるにしても、すべて人が喜んでくれるようにという思いを、その活動の根底に感じるからね。

それをライターは、無二のエンターテインメントと表現したのかもね。

基本的に深見先生の活動に共通するのは、笑いがあって楽しいことだから。

さらにためになって、感動があって、具体的な救いや解決があることかな。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトと深見東州先生の評判
-,

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.