深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

高校生国際美術展の作品に思わず見入ってしまう

投稿日:2015年7月5日 更新日:

高校生国際美術展のレベルはただもんじゃなかったよ。

せっかくなので、明るすぎる劇団東州の定期公演を見る前に、高校生国際美術展に行ってきた。

そして正直に、これはスゴいなと思った。

 

 

ワールドメイト会員で見に行った人からも、良かったよとは聞いていたけどね。

数年前に一度見たときは、上手なんだけどダークな作品が多くて、いくつかは印象に残ったけど全体としてスゴいという感動は、そこまでなかったような気がする。

しかし今回の作品は、素晴らしいものばかりだと思った。

 

最近の高校生のレベルが上がったのかな。それとも上手な人が応募してきたのかな。どちらでもいいけど、ドキッとするような、そんな作品ばかりだった。

さっと見るつもりだったのに、ひとつひとつ立ち止まって、しげしげと見てみたくなった。

 

もともとこの美術展のポリシーは、完成度というより、キラッと光る個性や才能を感じされるものを選ぶようだ。

気のせいかもしれないけど、作品に明るい色使いや、繊細な中にも鮮やかできれいなものが多い気がした。

暗めの色づかいの作品でも、暗い印象ではなくて、若くて元気なエネルギーがあふれている感じがした。

これは時代が変わったからなのかな。明るい時代になってきているということなのかな〜。そんな短期間で変わるとも思えないけど。

 

一緒に観に行ったワールドメイト会員は、毎年のように観に行くそうだけど、やっぱり同じような感触をもったらしい。

ついでに同じ国立新美術館内の、アート未来展も見た。

こちらは大人の、絵画が好きな人たちが応募する美術展のようだ。

 

やっばり高校生の作品とは違って、完成度は高いのかなと思った。

ただ、どこかで見たような感じの作品に見えてしまって、斬新さはそれほど感じなかった。

あと題材の着想は、高校生の作品には観念がないのか、面白い組み合わせや意外性があると思った。

それにしても大人の作品は2畳くらいの巨大な作品が多かった。

高校生は、そこまでお金をかけることはできないのか、大きな作品は無かったけどね。もしかすると応募の規定があるのかもしれないけど。

 

あと、高校生国際美術展は書の作品数がとても多いけど、それに関しては上手すぎるという以外に褒め言葉が見つからない。

書の芸術性については知識がないため、上手いという以外に言いようがないというのもあるけどね。

一緒に行ったワールドメイト会員から、深見東州先生は「書は気韻生動が大事だ」と言っていたと教えてくれた。

ますますわからなくなってしまったので、会場を後にして、今、お茶しながら忘れないうちに書いているところ。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.