深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

進撃の阪神巨人ロックコンサートで深見東州を体感 ! ?

投稿日:2015年2月26日 更新日:

少し前のことになるけど、進撃の阪神巨人ロックコンサートのことが書かれた記事を、ワールドメイトの支部で見つけた。

面白い視点で書かれた内容だったので、少し紹介する。

 

「Quick Japan」(vol.116)というサブカル系の雑誌で、創刊は1994年というから、けっこう古くから続いている。

記事名は「進撃の阪神巨人ロックコンサートで深見東州を体感する」とあり、今回はじめて深見先生のことを知ったライターが書いているようだ。

 

「Quick Japan」(vol.116)

Quick Japan vol.116

 

紹介のしかたに笑ったけど、

「進撃の阪神ロック歌手こと深見東州は、大学受験予備校・みすず学苑の学苑長として、また、神道系の宗教法人ワールドメイトの指導者として知られる人物だ。このほかオペラ歌手をはじめ、書道家、作家、能楽師など数々の肩書きを持ち、さらにカンボジアでの大学経営など慈善事業にも力をいれており、ジャンルを超えたマルチな活動を行っている。

だが、深見と彼の事業展開を語る上で外せないのは、やはりそのユーモアのセンスだろう。みすず学苑のCMにも現れているが、ダジャレやアニメのパロディーが、どのような場面でも炸裂しているのだ。

深見の一見、無鉄砲にも思える活動をつなぎ合わせて深見らしさを生み出しているのは、まちがいなくギャグが潤滑油として機能しているからである。(別にギャグが滑っているという意味ではない)」

という感じで、書いてあった。

 

なるほど、ギャグがすべての活動をつなぎ合わせて深見先生らしさを生み出しているという意見は面白い。どんな時にもユーモアとギャグだけは忘れられないからね。

 

それから「大半は深見のファンと推測されるが、彼を崇拝するというよりは、信頼できるおじさんに近いポジションで捉えているように感じた。だとすれば、時に繰り出される下ネタが許容されていることにも合点が行く」というところは、違う意味で笑えた。

ワールドメイト会員の場合は崇敬はしているんだけど、下ネタも含めて人間的に面白い方なので親しみを感じるあまり、側から見るとそう感じるのかな。

でもワールドメイト会員でない深見先生ファンも多かっただろうから、そういう人たちはそうなのかもね。

 

最後に、「深見のファンが集う場所ではあり、独特のセンスのギャグに満ちているのは予想通りだった。一方で、ロックコンサートの体裁を崩すことなく、単なる音楽ファンである私が見ても、満足感を得られるものだった」とも。

 

たしかに、ものスゴイ盛り上がりの、最高のロックコンサートだったし。

そして、ジョーリンターナーファンは、かなりいたと思ったけどね。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
-,

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.