ワールドメイトで知った、パワースポット

ワールドメイトで聞いた、超弩級のパワースポット鳴門

投稿日:2014年4月17日 更新日:

ワールドメイトでは、鳴門の渦潮は、ものすごいパワースポットだと言われている。

 

ワールドメイトでも過去何度か行ったけど、本当におどろくような神秘があるスポットだということがわかった。

 

詳しくはワールドメイト会員でないと聞けないけどね。

 

 

今日は、写真で紹介だけしておこうかな。

 

場所は、今更書くまでもないけど、淡路島と徳島県の鳴門市孫崎との間にある鳴門海峡だ。大鳴門とも呼ぶそうだ。

 

 

地図で見ると、瀬戸内海と太平洋につながる紀伊水道が、ホントに狭い部分でつながっているのがわかる。ここで大小さまざまな渦潮が発生するんだね。

 

 

一般的に言われるその仕組みを引用すると・・。

 

月の引力によって発生した海水面の高まりは、月の動きを追うように東から西へ向かって移動します。その満潮の波は、紀伊水道や豊後水道へと流れ出て北へと進みます。豊後水道に入った満潮の波は、瀬戸内海を西側から水位を上げて播磨灘に向かいます。紀伊水道に入った満潮の波は、二手に分かれ鳴門海峡と大阪湾方面に向かいます。その波はさらに明石海峡を抜けて播磨灘に入り、豊後水道を経てきた満潮の波と合流します。

 

紀伊水道から入ってきた満潮の波が播磨灘に入るまで、約6時間かかります。この時間が経過する間に紀伊水道側は干潮の波になって、鳴門海峡をはさんだ播磨灘と紀伊水道との間で海水面に最大約1.5mにもなる水位差が生じ、海面の高い満潮側から低い干潮側へと激しい勢いで海水が流れ込むことで、中央部を流れる速い流れと、その両側の遅い流れとの速度差で渦が発生します。

 

大鳴門橋の真下はV字型に深く落ち込み、最深部は約90mにも達します。鳴門海峡の南側(太平洋側)には水深140m、北側(瀬戸内海側)には200mの海釜(かいふ)と呼ばれる深いくぼみがあり、この独特の海底の地形が潮の干満にともなう海水の流れと合わさり、鳴門の渦を発生させます。 その大きさは直径最大20mにもおよび、世界でも最大規模と言われ、この激しい潮流から発生する轟音から鳴門(鳴る瀬戸)の名が生まれたと言われています。

 

1ヵ月に2回、満月と新月には大潮がやってきます。大潮とは月と太陽の引力が重なり、満ち潮と引き潮の水位差が大きくなり、海水の流れも速くなるのです。鳴門海峡の場合、春と秋の大潮の頃には潮の流れが時速20kmにもなり、渦潮も大きなものが観られます。特に3月下旬から4月下旬は1年で最も良い渦潮観潮の時季と言われています。

 

一応、渦ができるメカニズムは、そういうことらしい。そして今の時期が、一番の見ごろになるそうだ。

さらに、渦について詳しく引用すると、

 

満潮と干潮は1日2回ずつあり、鳴門海峡ではこの満潮時と干潮時に渦潮が発生します。満潮時と干潮時の前後約1時間半が渦潮の見ごろといわれています。

 

『大鳴門』の下流で、ここを通過すると流れは急に速さを増し、下流へと流れていきます。渦はこの『大鳴門』を流れる激しい潮流の外側と静かな水面(よどみ水域)との境目にできます。潮流に沿って右側には右巻き、左側には左巻きの渦が巻きます。

 

できた渦は、互いに合併しながら、大きくなり、回りながら紀伊水道・播磨灘へ流れ消えていきます。

渦潮で最も大きいものは、南流(北側から南側)の時に裸島の東側にできるもので、直径15m以上に達します。また北流(南側から北側)の場合は、中瀬の南西にできるものが大きく、直径12mに達します。

 

渦の寿命は、詳しくはわかりませんが、回転する渦を見られるのは、時間にして数十秒、距離にして数百メートルぐらいの間です。

 

「鳴門海峡」は、イタリア半島とシシリー島間の「メッシーナ海峡」、北アメリカ西岸とバンクーバー島東岸との間「セイモア海峡」と並んで“世界三大潮流”と呼ばれています。

 

 

 

 

鳴門海峡には、約30年前に大鳴門橋という吊り橋が開通している。

将来は、鉄道を橋の下に作る計画もあるらしくて、今も検討中だそうだ。

 

でも、2000年からは、そのスペースを人が渡れる遊歩道にして、眼下に渦が見れるようにしている。

床には、幾つかガラス張りのスペースがあるので、そこから潮流や渦潮が見れるそうだ。

 

ちなみに鳴門市側から淡路島までは、歩いては渡れない。途中で終わってるから。

 

 

この大鳴門橋の橋桁に遊歩道や展望所がある。

 

それにしても本当に大きな渦潮は、やかり観潮船に乗らないと見れないようだ。

船に乗れば、巨大の渦潮の近くまで行くから、落ちたら助からないだろうけど、怒濤のような迫力を満喫できるはず。

 

 

なにやら今日は観光案内になってしまったけど、あくまで、ここはものすごいパワースポットだからね。

ワールドメイト的には、大神霊が座す、素晴らしい神域ということになる。

 

日本や、世界規模での災いが無くなるように、ときどき来てはワールドメイト会員で祈るんだけどね。

驚くばかりの奇跡的な証を、ワールドメイト会員は何度も体験済みだ。

 

ちなみに、今月の26日から大潮と言って、大きな渦が派生する日になり、5月1日までは昼夜の満潮、干潮時ともに大きな渦が見れるそうだ。

 

 

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトで知った、パワースポット
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.