world mate happy

ワールドメイトっぽい日々

桜と富士山と木花咲耶姫

投稿日:2013年4月7日 更新日:

春は天候が変わりやすいけど、特に今年は、気温が低かったり高かったりと、寒暖のふれ幅がいつにもまして大きい。

そしてこの土日は、全国的に大雨と大風がふき荒れている。

寒気と暖気がぶつかりあうと、こういう荒れた天気になるとのことだった。

 

これでせっかく咲いた桜の花も、ほとんど散ってしまうのかな。

寂しいけど、それが桜の花の運命だから、仕方がないけどね。

 

 

ワールドメイトで聞いた話では、その桜の花のように、ぱっと咲いてぱっと散る、そんな神様が富士の木花咲耶姫さまなのだそうだ。

実はこの神様は、やはりワールドメイトで聞いたところでは時の神様でもあり、天の教えをぱぱっと、その時々に人々にもたらして下さる神様だという。

 

記紀では、とても勝ち気な神様のように、書かれているけどね。

一夜にて身篭ったことで、夫である邇邇芸命さまに国津神の子ではないかと疑われてしまうよね。

その疑いを晴らすために誓約をして産屋に入り、「天津神であるニニギの本当の子なら何があっても無事に産めるはず」と、産屋に火を放ってその中で海幸彦や山幸彦などの子を産む。

自分の身が潔白でなければ、天が知っているから、子どももろとも焼け死ぬであろうと言う、そんな活火山のように激しい気性の一面を持つのが、富士の神様である木花咲耶姫さまなんだろうね。

可憐なお花のような雰囲気のお名前だけど、そんなマグマのような熱いものを内に秘めている神様なのだった。

 

 

ところで最近、専門家の間では、その富士山の噴火が近いという人がけっこういる。

公的機関では、さすがにそこまでは言わないけどね。しかし噴火に備えての動きはあるようだから、やはり警戒はしているようだ。

富士山は休火山ではなく、れっきとした活火山なのだから、本当はいつ噴火してもおかしくないそうだけどね。

 

ここにきて、そんな日本の象徴でもある富士山が噴火するのではと騒がれるのは、なにか意味があるのかな〜?

日本が大きく変わろうとしていることと、何か関係があるのかも・・?

もちろん現実に噴火してもらうと困るから、そうならないようにワールドメイトでは噴火しないよう祈るつもりだけどね。

 

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.