深見東州先生の公益活動や平和への貢献

日本にとってプラスになる活動をずっとされてきた

投稿日:2012年9月23日 更新日:

中国における反日デモが、ようやく沈静化しつつある。

ある意味、今年一番の緊迫した事件だったように思う。

しかしデモは治まっても、中国の「反日」感情が解決したわけではないからね。

これから先も、何かあるたびに形を変えて反日感情は続いていくのだろう。

 

日本にすれば尖閣諸島の国有化という、あたりまえのことをしただけなのに、あそこまで中国国民が激しく反応するとはほとんどの人が思ってなかったように思う。

そこには中国政府の思惑や計算も働いているだろうけど、社会に対する不満もたまっていたのかもしれないけど、多くの中国人がいまだに反日感情をたぎらせていることが事実で、そのことにショックを受けた。

 

ただし今回のような、愛国精神であれば何をやっても許されるという「愛国無罪」と言う名の破壊・略奪行為だけは、さすがに否定する中国人も多かったそうだ。

そういう冷静な中国人もたくさんいたことは、わずかな救いだったかも。

それでも「愛国無罪」が「愛国理性」に変わっただけであり、本質的なところは変わってないわけだから、日中間のしこりの解決にはほど遠いけどね。

 

今のところ、そういう部分を政治・外交で解決するメドもたってないし、良い知恵も湧いて来そうにない。

なにしろ相手は、自分の国の利益だけを最優先してくる国家だから、手のほどこしようが無いともいえる。

さらに国民に客観的な事実を教えないところだから、国民が正しい判断に基づいた行動をとれなくなることは、これからも予想されるよね。

そして今後、そういう声の中から、日本に対する好戦的な感情論だけが爆発すれば、政府もきわめて危険な行動に出てくるかもしれない。

 

しかし戦前のような、お互いが武力で解決するような時代にはけっして戻りたくない。

平和的な解決を望む人が圧倒的に多い時代になり、戦争だけは避けたいというのが日本人の心情だと思う。

これは意気地がないとか、そういう次元のものではなく、もともと日本人のなかにある平和な心根からくるものだと思うし。

 

では平和の心を堅持しつつ、現実的にどのような形でこの先中国と付き合っていけば良いのだろうか?

今のところ、だれも明確な答えは持っていないような気がする。

 

それにしても自国の利益最優先というのは、つきつめると中国に限らず、ロシアも北朝鮮も韓国もそうだろうし、アメリカやドイツだってその傾向がある。

ある程度の大国といわれるような国の中では、戦後において、日本だけがあまり強く国家の利益を主張して来なかったように思える。

にもかかわらず、上手にアメリカの庇護のもとで経済を急速に繁栄させることができた。いろいろなことを言われながらも、このような秩序ある、世界一治安の良い国にすることができた。

 

これは時々の日本の政治家や官僚のおかげでもあり、企業家と勤勉な国民のおかげでもあるけど、個人的には戦争で亡くなった人や、明治維新で国づくりをした人や、そういう先祖のおかげでもあり、さらにその大先祖である日本の神様のおかげだと思っているけどね。

ワールドメイトに入会して、ますます日本は神様の守護される国だと確信しているけど、ずっと以前からそう感じていたから。

だから最初にあげたような、いろいろ複雑で解決不可能に思える国際問題も、その原点を忘れずに正しく向かえば、時間はかかってもやがて解決するに違いないと思っている。

 

ワールドメイトでは神祭りを正しく行い、その伝統を大事にされているけど、そういう敬神の念を忘れずにいけば日本は大丈夫だと信じているけどね。

もちろん人としてできる限りの努力は必要だけどね。でもそこを大事にすることで、努力もツボにはまり成果が出ると思えるからね。そして国家の運も強くなると思うし。

 

ところで、もし政治外交以外で、民間でできることがあるとすれば、ワールドメイトで深見東州先生がされているような世界的な福祉活動が良いと思う。

あるいはワールドメイト以外の公益団体でされている、文化・芸術、スポーツ、学術的な交流や支援などが、世界の平和に大きく貢献できると思う。

そういう草の根的な民間の交流を通して、日本人の良いところを多くの外国人が認めて、感謝と敬愛の気持ちを抱いてくれるようになっているしね。日本全体へのプラスの印象にもなっていると思う。

 

そういうものをしていくことで、やがて日本人と仲良くようと言う意識が形成されていくと思うけどね。

そういう気持ちが醸成されていけば、国家同士間に政治的な問題があっても、けっして争いにまで発展することは無いと思う。

 

そういう意味で、ワールドメイトの深見東州先生がされている活動は、全てが日本にとってプラスになっていることばかりだよね。日本への理解者もどんどん増えているのが何よりの証明だから。

これから先、優秀で素晴らしい人材が深見東州先生の活動に刺激を受けて、深見東州先生の世界的な公益活動に続いてほしいと願っている。

日本と世界の平和のためにもね。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-深見東州先生の公益活動や平和への貢献

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.