worldmate happy

深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

浅草公会堂で、明るすぎる劇団・東州定期公演を見てきた

投稿日:2010年4月15日 更新日:

以前ワールドメイトで見たものとは違って、今回は浅草公会堂という、本格的なホールで明るすぎる劇団・東州の公演を見ることができた。( ̄∀ ̄;)

演目は前にも見たことがあったけど、やっぱり舞台設備があるホールになると、効果音や証明、大道具小道具などがふんだんに工夫され、全然迫力が違った。
設備が無い野外会場の時とは、視覚的な楽しさと、感動の度合いが一段と違うのは当たりまえだろうけどね。

今回上演された4つの演目の中では、地面という演目がとても好きなんだけど。
その中で、「雨も、雲も、地面も、風も、人間に愛されてはじめて生まれてきた価値がある」という地面の台詞には、なにかグッとくるものを感じてしまった。

地面が主人公でしゃべるというのも、戸渡阿見ワールドならではの不思議な世界なんだけどね〜。

本当は自然は人間となかよく共存し、愛される存在でありたいという、そんなホロリとくるメッセージが、そこに込められていたように思う。

台風や竜巻や洪水が、雨や風や雲にとっては暴君という迷惑な存在になっているのにも、ほんとにそうなのかもしれないな〜と思えてしまった。

それから麻薬ジーメンと地面とのからみのギャグには、会場全体が大笑いだったけど。∑ヾ(⌒ε⌒;

ギャグとペーソスと、独特の世界観が、なんともいえない戸渡阿見ワールドの真骨頂かもしれない。
そこに忘れていた「ハッ」とするようなメッセージがあったり、意外な真理が秘められていたりするんだけどね。

演出的にも、洪水や台風のシーンの証明効果もすごくリアル感があって、しかも映像的にもきれいでとても良かったと思う。
あとバックに流れる音楽は、深見東州先生が20年間にわたって作曲された曲が、シーンに合わせて選曲されていて、すごくマッチしていたと思う。

ワールドメイトの神事に使用された曲もあったので、それも、なにか格調高い荘厳な雰囲気を醸し出す一因になっていたのかもしれないけどね。( ̄∇ ̄;)
byあんこ

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.