いろいろなお話がワールドメイトで聞ける

建国記念日に思った、ワールドメイト会員のひとりごとだけど

投稿日:2010年2月11日 更新日:

今日は建国記念日。

紀元前660年に神武天応が即位して、それから日本の国は2670年もたつんだよね〜。ヾ( ̄▽ ̄;)ノ

その日本の国のために生きることを、深見先生が発願された話を昨日書いたけどね。
でも順番からいくと、深見先生は、まず神さまのために生きる、からだろうけどね。

次が人類のために生き、そして日本の国のために生きる、なんだろうね。

深見先生はその発願があるから、これまで信じられないほどの精進努力をし、あれだけたくさんの活動をされてきたんだろう。
公益活動にしても、なんにしても、お話を聞いていると、あまりにもすごすぎるよね〜。
♬└( ̄Д ̄)┐♬

でもそんななかで、かならず神様の御祭りを欠かさずに、年に十数回の神事を斎行されてきた。

おそらく普段、想像つかないぐらい忙しいと思うけど、必ずワールドメイトの神事だけは、最後までやり遂げられるところがすごい。
やっぱり神祭りは、日本が天壌無窮に栄えるための大前提になっているからね。

ただ、ワールドメイト会員が参加できる神事が、深見先生にとっても一番つらいし、過酷なお取り次ぎになり大変なんだろうけどね〜。(〜_〜メ)
でもある程度以上大勢の誠が結集しないと、その神域に集う神さまは発動されないし。一方で、たくさんの人が集まると、かなり苦しまれることになるかもしれないし・・・。
ワールドメイトの神事は、本当の神様をお出しするだけに、なかなか難しいところだよね。

最終的には仕組みの神さまの深い計らいで、神事のゆくえも決まるんだろうけどね。

それだけになかなか簡単には始まらないし、また終わらないけどね〜。

さらに深見東州先生はこの世のもろもろの事情も酌んであげたり、直接社会や日本のために貢献する活動の数々も、並行してすすめなければならないし。

そういう中でどうやりくりすれば、神祭りをお取り次ぎする時間ができるんだろう?( ̄〜 ̄)

いくら深見先生がすごくても、一日も休まずに休息もとられないような過酷な生活をされていても、物理的時間は一年365日、一日24時間しかないわけだし・・・。

そんな限られた時間の中で、あれだけ超数々の実績を残されてきたから、人間業ではないことは確かだよね。( ̄— ̄)
神人合一されているからできたと言えば、簡単なんだろうけど。

その神人合一とは、まず人間的努力を極限まで行い、そのあとは神がかったように、すべての活動が奇跡的なまでに絶妙のタイミングでつぼにはまり、しかも最高のできで、これ以上考えられないほど効率よく、神さまが準備されたとしか思えないような出会いが次々あって・・・。

そんな風に、深見先生のように神人合一すると、1日で10日分100日分の活動ができるようになるわけだよね〜♪└( ̄◇ ̄) ┐♪

すべての活動を神人合一して行われていることを知ると、深見先生の言われる神事のお取り次ぎは、いつ噴火するのかわからない活火山のようだと言う意味も理解できるようになった。
爆発がいまかいまかと思いつつ意外な展開になったり、急に静かになったかと思えばいきなり別な場所から噴火するとか、火山噴火は正確な予測が極めて難しいよね〜。

火山爆発という大自然の発露は、神さまの働きそのものでもあるように。神人合一された深見先生のお取り次ぎも、同じく予測ができないし理屈では説明できないものだよね。∑ヾ(⌒ε⌒;)

そんな深見先生の神人合一されているすごさを、よく理解してないワールドメイト会員もいて、何で時間通りに先生が来て始まらないのかとか、神事がどうして長くなったりするのかなど、いまいちわかってなかったようだ。

まあ、最初のうちは無理もないけどね〜。┐(⌒—⌒)┌
自分たちは神事はそういうものだと感覚でわかるから、なんの疑問もないんだけど。
でもそれをそういうものだからで済まさず、言葉にして、キチンと説明してあげないと不親切だなと思った。

神様のために生き、人類のために生き、国のために生きるという、そういう高い発願をされている深見先生だからこそ、そこからまずは始まっているということをね。
そして神人合一されているという正しい意味をね〜。

そういう御神業のすすみかたの基になるものを理解してないと、神事にも影響が出るだろうしね〜。( ̄∀ ̄;) =3
byあんこ

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-いろいろなお話がワールドメイトで聞ける

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.