world mate happy

深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

プラシド・ドミンゴと深見東州先生に共通するところとは

投稿日:2015年8月15日 更新日:

プラシドドミンゴの驚異的な活動ぶりを聞くと、ワールドメイトの深見東州先生と似てるところもあるなぁ〜なんて思ったりもする。

まぁ、深見東州先生の場合は音楽関係だけをされているわけではないので、単純な比較はできないけどね。

 

それにしても音楽界では、プラシド・ドミンゴほど頑張ってきた人はなかなかいないそうだ。

若いころから、あまりにスケジュールを入れすぎるので、いろいろな人から休むように勧められていたそうだ。

あのマリアカラスからも、「あなたほど働く人はいない、だけど回数が多すぎないかしら」と言われたらしい。

だけどドミンゴは、歌えば歌うほど声がよく響くようになると言って、歌い続けたそうだ。

その結果、70歳代半ばの今でも現役で歌っているわけだから、ドミンゴのいうとおりだった事になるよね。

 

そういう一見無茶だと人から思われる事をするところは、深見東州先生も得意とするところだと思うけどね。

昔からのワールドメイト会員は、深見東州先生がいつも不眠不休で何かの稽古をされていたり、お取次をされてきた歴史を聞いてるし、肌で感じてきたからね。

 

ところでマスコミは、そんなドミンゴのことをオベラ会のジェット族と呼び、世界中を飛び回ってリハーサル抜きで歌っては、拍手喝采を独り占めすると書きたてた事もあったそうだ。

有名になればなるほど、なにか批判的に書きたがるジャーナリストがいるのも、深見東州先生の場合と同じだよね。

そもそもリハーサル抜きで、しかも練習もせず、それでずっとうまく歌えるはずがないよね。

持って生まれた素晴らしい声と、不屈の体力はあったのかもしれないけど、集中して努力してきた結果であるのは疑いようがないからね。より完璧なものを目指していつも努力していたそうだから。

 

そして60歳を超えても、若い人でも倒れるほどの、多くの仕事をこなしているそうだ。

そのように次々と仕事に駆り立てるのは、それができるという、自分の能力をわかっているからだろうけど、一般的に世間が思うような、お金とか名声のためではないよね。

それなら、すでに40代で十分に手に入れているはずだしね。

ところがそれ以降も指揮をはじめたり、若い声楽家のためにコンクールを行ったり、ふたつの歌劇場の芸術監督をつとめたり、自分自身でも若々しく歌い続けて、バリトンの分野にも進出して新しいことへのチャレンジを続けている。

もしも名誉やお金がだけが目的なら、ドミンゴほどの過去の実績と実力があれば、いまさらそのようなハードで忙しい日々を送って新しいことにチャレンジしなくても、もっと楽にやれる方法がいくらでもあるだろうからね。

そういう新しいことに、幾つになってもチャレンジするところや、若手の育成に取り組むところなんかは、深見東州先生も同じなのかなと感じる。

 

ドミンゴは、「僕が歌っている間は、人々は、音楽の魔力で日頃の悩みや憎しみを忘れ、お隣どうしで穏やかな感情を分かち合うことができる。その力を持ち続けることが、僕の義務だと思う。そして、それは深い満足でもあるんです。」と、言っているそうだ。

音楽で人を幸せにしたいという使命感に生きているのかもしれない。

 

ドミンゴは、上品な教養にあふれる騎士道精神を持つ紳士だと言われているそうだけど、最後にすごいなと思ったのは、プラシド・ドミンゴのように自分自身の目も眩むばかりの偉大な業績を、妻の功績に帰したスーパースターは見たことがない、と言われていることだ。

何度も何度も、ことあるごとにそれを言いつづけているそうだ。

だから世界中の人々から愛され、家族との絆も固いのだろうね。

さすがにこれは深見先生も真似できないというか、そもそも家庭を持たれてないからね。

ただ深見先生も、ワールドメイトでは、師匠である植松愛子先生のことを、よく称えられているけどね。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.