ワールドメイトっぽい日々

感動の五輪2連覇 ! 羽生結弦の目標はやはり金メダルではなかった

投稿日:2018年2月18日 更新日:

昨日は平昌冬季五輪の男子フィギュアスケートを見ていた。羽生くんの優勝、宇野くんの銀メダルに感動して、自然と涙が出てきた。
 

 

「日本の神」羽生結弦V2をロシアなど大々的に報道 - 日刊スポーツ
「日本のスーパースターが66年ぶりに五輪2連覇を達成」。中国メディアは、羽生選手を「歴史に名を残した」とたたえた。昨年に右足首を負傷したにもかかわらず「驚嘆すべき技術と演技」(国営通信、新華社)を見せたと紹介。別のインターネットメディアは「氷上の優美さの陰に、剛毅(ごうき)さを隠し持っている」と評した。

国営ロシア通信は「日本の神。フィギュアスケーター羽生が金」と報道。

聯合ニュースは羽生選手が「現役選手のうち、議論の余地なく最強」としてこれまでの軌跡を紹介し、「実力だけでなく、アイドルのような外見でも多くのファンを獲得した」と伝えた。

 
誰もなし得ないことにチャレンジし、成し遂げると、世界中の人たちが感動するよね。

オリンピックは、世界中のスポーツファンのみならず、スポーツに関心ない人でも注目しているし、普段フィギュアスケートをほとんど見ない人でも、たくさん見ていると思う。

そんな特別なステージで、しかも、2連覇の期待という重圧を跳ね返し、怪我の回復からいきなりの本番で勝利するなんて、羽生くんホントにスゴいなと思った。

 


 

フリーの演技だけ見ると、最大のライバルと思っていたネイサン・チェンが、完璧なジャンプで最高得点を出した。でもショートプログラムでは、まさかのミス連続で17位だったからね。そこから5位にジャンプアップしたけど。

そのように、いかに優れた選手でもたった一回の演技で失敗すると、優勝から脱落するという厳しい世界なんだなと思う。そんなフィギュアスケートで、4年に一度の特別な舞台で2連覇したんだから偉業だよね。

本番で勝つという、強い運も持っているのかもしれない。

 

いつもの投げ込まれる光景だけどプーさんじゃないものも混じってるらしい笑

 

で、そんな羽生結弦選手は、17歳で初めて世界選手権に出場し、銅メダルを獲ったとき、こんなことを言っていたそうだ。

 

「もちろん世界チャンピオンをめざしたいです。でも、1回優勝するだけじゃなく、勝ち続けたい。そして他の選手を完全に突き放せるような選手になりたいんです。だって僕は、ずっとプルシェンコを尊敬してきたんですから。」

初の世界選手権で3位。羽生結弦が描く「金メダルよりも大きな夢」- web Soortiva

 

ということで、羽生くんの目標は、グランプリファイナル4回優勝、世界選手権3回優勝、欧州選手権7回優勝、オリンピック個人3大会連続メダリスト(金1銀2)、団体(金)を入れると4大会連続メダリストという圧倒的な実績を持つロシアのレジェンド、皇帝エフゲニー・プルシェンコだったそうだ。

そのプルシェンコからも、「俺を越えろ」「俺に勝て」と会うたびに言われていたそうだ。

だから、初めて金メダルを獲ったソチのずっと前から、もっと大きなところを目指して努力を続けてきたんだなと知った。

 
そして、インタビューなんかを見ていても、勝利もだけど、その演技の完成度をどこまでも高めていくことを強く思い、完璧な演技を目指しているようにも感じる。

だから、オリンピック2連覇といっても、目標とするのがプルシェンコを超えることだから、そこを目指す過程において達成すべき目標の一つにすぎないのかもしれないよね。

 


 

まぁ、この先どうするのかはまだ考えてないそうだけど、プルシェンコも首から下はガタガタというほど肉体を酷使していたそうだから、そこまでやるのかどうかはわからないけどね。

羽生選手も、これまでに過酷なまでに体を酷使してきたのは間違いないだろうから。

素人目には軽々とやっているように見えるけど、あんな激しい4回転ジャンプの着氷の衝撃は、想像している以上に過酷な気がする。腰や膝や足首を痛めないほうが不思議な気がするけどね。

 

コーチと抱き合う羽生くん。それを温かく見つめるプーさん


 

それから今回の、完璧な演技を見せたショートプログラムで使用した曲は、ショパンのピアノ曲「バラード第一番」だった。

この曲を弾いているのはポーランドのクリスチャン・ツィメルマンという現代のピアニストの最高峰と言われる人らしい。

このピアニストは東日本大震災があったときにも、多くの海外のアーティストがキャンセルする中で日本にやってきて演奏したそうだ。演奏を通して人々に愛を与えることができる孤高の芸術家だと言う人もいる。

 


 

羽生選手は、このピアニストの音じゃないとダメというほどのこだわりを持っているそうだ。

羽生選手も、東日本大震災に遭遇し、こんなときにスケートを続けていても良いのか迷った時期もあったそうだ。そして迷いを断ち切り、練習場を転々としながら、復興のためのアイスショーなどにも多数出場していた。

また、羽生くんは普段はにこやかだけど、人に見せない練習ではストイックなまでに厳しいそうだ。そんな孤高の雰囲気も共通しているのか、何か感じるものがあるのかもしれないよね。

とにかく、羽生くんも宇野くんも多くの人たちに感動を与えてくれてありがとう。本当は今回のオリンピックは、半島情勢のことが絡みすぎていてイマイチ気分が盛り上がらなかったけどね。

平和の祭典オリンピックの持つ素晴らしい感動と元気をもらうことができた。

 

演技直前の精神統一?何を思っているのかな?


 

ところで羽生くんには、神社を巡り羽生選手の回復と勝利を祈る「祈祷班」と言うファンもいるらしい。そして現地に行くファンは「神楽班」とも呼ばれているそうだ笑

 


 

それから今回、中国や韓国、ロシアのような国としては日本とギクシャクしている関係の人々にも、ファンがたくさん増えているのは間違いないよね。

 


 


 

ここまで輝く存在になると、国境をこえて世界の人々に愛され、良い影響を与えることができるよね。

それもスポーツならではの、平和に貢献できる素晴らしい部分だなと思う。

そしてここ数年、フィギュアスケートだけでなく、ほかのスポーツにも若いスゴい選手がどんどん出てきているから、スポーツから目が離せないだけでなく、ますますその影響力と重要度が増して行く気がした。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトっぽい日々
-,

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.