ワールドメイトで知った、パワースポット

岩木山と岩木山神社は国防の要

投稿日:2016年9月3日 更新日:

青森県の岩木山は、津軽富士と言われるほどの秀麗な山として知られている。

 

 

ワールドメイトで何回か行ったけども、実際に見ると秀麗どころか、見事なまでに本当に美しい山だなと思った。

独立峰で邪魔する景色もないので、裾野の長く伸びるなだからな美しさが際立っている。そして山肌の繊細な襞の綺麗さに見とれてしまった。

 

 

写真ではよくわからないけど、本物の山は、まるで輝いているように見えたのを覚えている。

 

 

太宰治が、「十二単を拡げたようで、透き通るくらいに嬋娟たる美女」と喩えていたそうだ。文学的な表現が素晴らしいよね。本当に容姿端麗な貴婦人のような山だと思う。

こんな山を見ると、神様がいる神山だと思わないほうが不思議な気がするけどね。

見る場所によっても、随分と違う形の山に見えるのも特徴で、頂きが3つになって見えるのが、最も知られているみたいだ。

 

 

そして頂上近くまで、岩木山スカイラインという69のヘアピンカーブを連続で登っていく道路がある。その上はロープウェイで、さらに頂上近くまで登ることができる。

 

 

頂きには、岩木山神社の奥宮があり、麓には岩木山神社が祀られている。

晴れていれば、この岩木山神社参道から、正面に岩木山を見ることができる。

鳥居から本殿まで、一直線にお山を遥拝できるように作られている。

 

 

また、拝殿でのご祈祷も、山を直接に拝む形になっていたと思う。三輪神社と同じような感じだったと思う。

 

 

そんな岩木山は、本当にものすごい神域なので、ワールドメイトでもここ一番の時に訪れたりしていた。

 

神社にかかっている額には、北面鎮護と書かれていた。本当にその通りだなと思える、とてもスケールの大きな神様だと言われている。

深見東州著「全国の開運神社案内」には、「北の地の人々の生命を守り続けてきた岩木山は、開運、五穀豊穣などあらゆる願いを叶える神として、信仰者が跡が絶えない。」としつつ、「ここは日本の国の国防の要であり、争いを鎮めるものすごい神様がいるのだが、神秘の秘中にあって口外を許されない」と書かれている。

 

 

あまり関係ないけど、ここは、安寿と厨子王丸の伝説が残る地でもあるそうだ。それで安寿姫が祀られているらしい。

 

 

ところで、岩木山には、旧暦の8月1日に、集団登拝する「お山参詣」という行事があるそうだ。

向山、宵山、朔日山と3日間行われ、初日の向山では岩木山神社に参拝し、二日目の宵山では、幟を掲げて、掛け声をかけながら練り歩き、三日目の旧暦8月1日の朔日山で、未明から山頂の奥宮目指して登拝するそうだ。

地区ごとに行うそうなので、津軽のとても大きな祭事になるようだ。

 

 

今年は9月1日が、旧歴8月1日になっていた。

さんざん迷走したあげく、東北地方に大きな災害をもたらした台風10号が、8月30日の夜にこの岩木山のすぐ近くを過ぎ去っていた。

 

 

そして31日に温帯低気圧となった後には、津軽地方に青空が広がったそうだ。

ここ3年は天候が悪くてご来光を仰げなかったけど、今年は真っ赤なご来光を仰げたそうだ。

 

お山参詣 4年ぶりご来光…岩木山
2016/9/2読売オンライン

弘前市の岩木山神社の例大祭「お山参詣」最終日1日の「朔日ついたち山」で、多くの参拝者らが岩木山山頂(1625メートル)で五穀豊穣ほうじょうや家内安全を願い、4年ぶりとなったご来光を拝んだ。

山頂でのご来光登拝は毎年、旧暦8月1日に行われているが、ここ3年は天候が悪く、見ることができなかった。参拝者らは未明、麓からの山道を登ったり、津軽岩木スカイラインで8合目まで車で来たりして山頂を目指した。

午前5時すぎ、東方の山並みから真っ赤な太陽が姿を現すと、光に照らされた周辺は神々しい雰囲気になり、居合わせた数百人から歓声が上がった。参拝者たちは「万歳」を三唱したり、登山囃子はやしを奏でたりした。

 

ちなみに、この岩木山神社には、いろいろと異説の多い顕国魂神が祭神として祀られている。ワールドメイト会員には、わりと馴染みの深い神様だけどね。

創建は、780年に奥宮が山頂に造営されたのが始まりと言われているそうだ。

そして、796年には、下宮居となる巌鬼山西方寺観音院(現在の巌鬼山神社)が創建され、さらにそこから百沢に遷座し百沢寺となったのが、現在の岩木山神社になったということだ。

だから今の巌鬼山神社は、岩木山神社の元宮にあたるようだ。

 

 

弘前市のホームページによると、1589年に岩木山が噴火し、百沢寺は全焼したとある。その後に現在の朱塗りの立派な拝殿や楼門が再建されたそうだ。

 

岩木山は、時代の節目に噴火してるとも言われ、この噴火の後には秀吉が北条氏を滅ぼし、奥州も平定して天下統一を成し遂げている。

その後、1600年にも噴火したとあるけど、その時は関ヶ原の戦いの時だった。

また、最後は1863年にも噴火していて、その時は明治維新に向かう幕末の動乱期だった。

そういうスケールの大きな、争いを鎮める働きがあるようだ。

 

ということで、また、行くこともあると思うけど、地元の人だけではなく、ワールドメイト会員も崇敬する人が多い岩木山神社の神様だった。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトで知った、パワースポット
-,

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.