深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

第18回深見東州・バースデー書画展は、3月18日から開催

投稿日:2018年3月14日 更新日:

今年も深見東州・バースデー書画展が開催される。

今年第18回目ということは、ちょうど今世紀になった2001年から始まり、ずっと継続されてきたことになるよね。

 

去年のお知らせを見ると総作品数が3153点になっていた。

今年は3203点になっているので、50点の新しい作品が誕生していることになる。

開催期間ギリギリまで描かれるかもしれないので、まだ増える可能性は大きいだろうけどね。

 

 

新作の何点かは、昨年末のクリスマス絵画展示会で見ることができた。

水色の湖で知られる草津白根山の湯釜や、アルゼンチンとブラジルの境にある世界最大級のイグアスの滝、アルゼンチンのバリローチェの絵などが展示されていた。

 

最近は、以前描かれていたものとは少し趣の違う水墨画も多く描かれているようで、西洋の絵画と東洋の白と黒で描く絵画と両方をますます極めて行かれているように思う。

4年前、大英博物館に招かれて個展とデモンストレーションを行われたときは、西洋画にない、白と黒の濃淡で描く作品を求められたそうだ。

だから、水墨画を極めていかれると、欧米での評価も高まるのかもしれないよね。今回のチラシにも載っているけど、パースで賞をとられた代表作の一つ、「キラキラ天の川」も、そういえば水墨画だしね。

 

個人的には華やかな色使いのアクリル画が好きだけど。個人的に感じる深見先生の絵画の特徴としては、マティスみたいに美しく鮮やかな色合いを何色も使って描かれている作品が、以前は多く、しかも色同士が喧嘩せずにみごとに調和してインパクトのある仕上がりになっていることにいつも感心していた。

もちろん、同系色だったり、色たくさん使われない作品も増えているけどね。

 

それから特徴のある画風として、ナイフで削ったような絵画も、よく描かれる。

専門家の人の解説によると、キャンパスにチューブから押し出した絵の具をそのまま塗りつけ、その上からナイフで削るように描いているそうだ。

こうすることによって、下地のキャンバスの白地が浮き出てきて、鋭利な線の痕ができるそうだ。

そして、これは深見先生独自の表現方法の一つになるそうで、色彩の濃淡によって陰影を出す水墨画様式とも言えるそうだ。

水墨画も極めてあるから、水墨画の表現様式を用いた、創作的な表現で西洋画を描けるのかもしれないよね。

 

キャンバスの白地だけでなく、何層も色を重ねてあるときもあり、その場合はいろんな色合いが、微妙にぼかされながら混じり合いつつも、とても美しく仕上がってしまうから、ホントすごいなと思う。

今回は、どんな絵画を見ることができるのか、とても楽しみ。

 

それから会場は去年と同じ、泉ガーデンギャラリーだけど、開催期間をみると18日から1週間だけになっているから、見に行こうとしている人は、見逃さないようにね。

なを、今年も入場は無料だから。そして、恒例の開会式のセレモニーは、18日の11時開始になっている。

六本木1丁目の駅から泉ガーデンタワーという45階建てのビルの中を通り抜けて、道の向かい側の平屋の独立棟だから。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.