地球温暖化とワールドメイト

地球温暖化に関すること

地球温暖化の原因と言われる二酸化炭素の濃度が、3月に400PPMを超え、観測史上最高値になった。

これは危険水準と言われている。

昔からワールドメイト会員も懸念してきた地球温暖化だけど、現実を見る限り、なかなか抜本的な解決には至っていない。

たしかに1997年の京都議定書に始まる取り組みから、ヨーロッバや日本ではその対策がある程度進んではきたけどね。

 

ただし日本はその前から省エネ技術の開発で、すでにエネルギー効率が良かっただけに、京都議定書の目標達成は困難なものがあったらしいけど。

それでも排出量取引や森林による吸収源の確保で、なんとか目標はクリアできるらしい。

しかし、排出量の巨大な中国、米国などの取り組みは進まず、最近になって、ようやくやる気のある発言が聞かれるものの、それでもダントツに排出量が多い中国が2030年を排出のピークとするなど、現実問題としてこの先も危険水準を更新し続けるのは確実だよね。

 

個人的には、日本は見方によれば世界一貢献していると思うけど、数字上は削減の基準年をいつにするかでまったく印象が変わるし、また予期せぬ東日本大震災もあって、今はまるで非協力的であるかのような印象に見える始末だよね。

それでもここにきて、2030年までに温暖化ガス排出26%削減を打ち出してきてはいる。ただし基準年が震災後の2013年になっていたり、日本まで見かけの数字で飾るようになってきたようだ。

 

ワールドメイトでも、10年以上前、温暖化に関してはその壁を越えるのは難しいと言われていた。

だからたとえ10年ほど先延ばしになったとしても、あくまで解決ではないので先が見えない。

 

そんな暗い状況の中、今日のニュースによると、年々増加の二酸化炭素排出量が、2014年は13年と同じにとどまったと、国際エネルギー機関のまとめで分かったそうだ。

過去40年で、世界の経済は成長したけど排出量は横ばいというデータは初めてらしい。

各国の対策が少しは効果を挙げ始めたのは事実のようだ。

しかし、二酸化炭素は年々大気中に蓄積されていくものだから、濃度としてはまだまだ上がるわけで、まったく安心できないけどね。

海洋大気局の研究者は「上昇を止めるには、化石燃料からの排出量を80%減らす必要がある」と指摘しているそうだから。

 

地球全体の二酸化炭素の経年変化

 

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -地球温暖化とワールドメイト