world mate happy

ワールドメイトでの面白い体験、すごい体験

星ツアーで南十字星に祈りたい!

ワールドメイト富士箱根神業後期では、星ツアーという祈願も行われる。

星ツアーというと、とてもファンタジーな感じがするけど、ワールドメイトの場合、空想でも幻想でもないところがすごい。

星ツアーとは、自分の奇魂を星の神霊世界に飛ばして、星の神様から功徳をいただくワールドメイトの秘法会のことだから。

 

それで、今回行く星のテーマは南半球で見える星座や星雲になる。

88星座の中で、主に南半球だけで見える星座は36星座あり、その中から南十字星など、いくつかが今回の対象になる。

今回は初めての星が多いから、なんとなくうれしい。

 

 

ちなみに天体観測では、北半球で観察できる星座は、南半球では逆さまに見えるそうだ。

人間が逆さまに立っているため、たとえばオリオン座やサソリ座などは逆さまに見えるそうだ。

もちろん北斗七星やカシオペア座など、北半球でしか見れないものは、当たり前だけど南半球では見ることができない。

 

 

 

それから北半球では、北の方角を知るとき、北斗七星の柄杓の先やカシオペア座のwの形を利用して北極星を見つけるけど、南半球には北極星に該当するような天の南極星というものはないそうだ。

そこで南十字星を利用し、南十字星のうちの長い一辺を結んで5倍延長した位置が、天の南極の位置になるそうだ。

天の南極がわかれば、後ろが北、左が東、右が西というように、たちどころに方位がわかるよね。

 

 

という雑学はともかく、南半球で一番有名な星座といえば、やはり南十字星だろうね。通称サザンクロス、正式にはみなみじゅうじ座というそうだ。

88星座でもっとも小さいながらも、主な4つの星がきれいな菱形になっているのでかなり目立っているけどね。

 

ただし近くには、一回り大きい菱形があり、これはニセ十字と言われていてよく間違えられるそうだ。

そばに「ケンタウルス座」のα星(リゲル・ケンタウルス)とβ星(ハダル)という明るい星が2つ輝いていればそちらが本物。

 

写真の真中がみなみじゅうじ座。その左の明るい二つの星が、「ケンタウルス座」のα星β星。右の赤く見えるのは、イータカリーナ星雲。この星雲もワールドメイトではなじみが深い。

 

 

まあ、日本では与論島とか石垣島まで行かないと見えないから、あまり必要も無いだろうけど。

ワールドメイトの星ツアーで、まさかニセ十字のほうに間違って飛んで行く人はいないだろうし。

とにかく南十字星は初めてだから、今から楽しみでしかたがない。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業もはじまった。 家にい ...

11

7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関する、リスナーからの直 ...

-ワールドメイトでの面白い体験、すごい体験

© 2021 ワールドメイト ハッピー Powered by AFFINGER5