いろいろなお話がワールドメイトで聞ける

ワールドメイトで聞いたカゴメの歌と、皇族のいる国のお話

結局、ワールドメイト三輪神事は、現地にも会員が残っていたんだね〜。

良かったね〜、もろに現金ありがとう神事の功徳があって〜。d=(^O^)=b

ところで、深見東州先生がカンボジアで王子に初めて会われたとき、なんて優しくて、品があって、文化的で素晴らしい人だ、尊敬すべき人だと思ったそうだ。

そのカンボジアの隣のラオスにも、数十年前までは王族があったらしい。だけど、35年前に自ら王政を廃止したらしいけどね。

それで王族があることは、とても大事なことで素晴らしいことだというのが今回のラオスのお話でわかってきた。
王族があると国民を代表して御祭りを行うから、それで神様の稜威も国の隅々まで広がるようだ。

日本の天皇にはそういう働きがあることはよく聞いていたけどね。なるほど〜、そういう深い意味が王室にもあるなんて、はじめてわかった。( ̄— ̄)

ということは社会主義や共和制の国には、宗教はあっても、王室はないからもったいない気がするよね。
アメリカや中国やフランスも、そういう意味でどうなのかな。

そうか、それでイギリスと日本が最後に大切な役割をするというのも、なんだか今わかった気がした。( ̄∇ ̄) =3

カゴメの歌に秘められた予言で、鶴と亀が出会って、イギリスと〇〇ことだけどね。
そして後ろの正面がホニャララ〜というわけだよね〜。∑ヾ(⌒ε⌒;)

う〜ん、やっぱり皇統の歴史の重みというか、存在そのものが、大事なポイントだったんだね〜。

ということで、その皇室の元を作った天界の神々様に会える節分神事が、ワールドメイトで実はもっとも重要とされているのも、深い深い意味が幾重にもあるんだろうね〜。

氷見に行かなきゃぁぁぁ〜(≧◊≦)
byあんこ

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -いろいろなお話がワールドメイトで聞ける