11/16スポーツニッポン

半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援

ブラインドゴルファーをパラリンピアンに、半田晴久 世界ブラインドゴルフ協会総裁

深見東州先生のブラインドゴルフへの取り組みは、ワールドメイトの活動とあまり変わらないほど長い。1988年に日本に初めてブラインドゴルフを導入して以来だから、まる28年間にも及んでいる。

ひと口に社会福祉といっても、高齢者への福祉、児童福祉、母子福祉、障害者福祉など、色々なものがあり、また、その支援する母体も、北欧のように政府主体であったり、アメリカのように民間が主体であったり、イタリアのように家族が主体であったり、国によっても色々なモデルに分かれているそうだ。

障害者も、身体障害、知的障害、精神障害など複雑なものがあり、先天性だったり、後天的だったり、事故に起因するものとか、様々らしい。

 

とにかく、とても複雑な状況があり、福祉活動に取り組むことは、人道的な面からしても素晴らしいことだというのは理解していても、実際に取り組むとなると、そんなに生易しいものではないと感じたことがあった。

それも、単に資金を援助するだけならまだしも、その中に入って、実際に組織を立ち上げたり、運営をしたり、様々な問題に直面しながら、それをうまく処理しながら福祉活動を続けることは、素人の自分なんかが想像する以上に困難なことだと思う。

 

しかも、上に簡単に書いたように、各国によっても社会福祉の状況は、様々な違いがあるから、世界的にやろうとすると、もっと複雑になってくるように思う。

そういうことを、なんとなく知ってくると、深見先生がされてきた日本におけるブラインドゴルフの活動にしても、世界的なブラインドゴルフの普及活動にしても、それは思っている以上に大変なことだったのではないかと思う。

だけど深見先生は、真に障害者のことを理解されているから、先生の口から障害者福祉は大変だとか、一度も聞いたことがない。

大変なのにやっているというのは、福祉の押し売りのようになるからだろうと思う。もちろん、立派な活動だと自慢げにされることも皆無だ。

健常者のゴルフの支援や取り組みと同じように、関係する人たちが喜んで、社会にとって良かれとの思いからされているのだろうと感じている。

 

だから、障害者を特別扱いもされないし、普通に健常者と一緒に楽しめるようにされているし、そのようになって欲しいと思ってあるようにも感じる。

そんなブラインドゴルフの活動を、世界レベルで、30年近くも続けてこられたんだから、本当にスゴいことなんだと思う。

ということで、前置きが長くなったけど、11月8日に開催された、「外務大臣杯・文部科学大臣杯 2016ブラインドゴルフジャパンオープンチャンピオンシップ」と、9、10日に開催された「ISPSハンダ・ワールドブラインドゴルフチャンピオンシップ」の新聞記事を少し紹介しようかな。

 

 

11/16スポーツニッポン

11/16スポーツニッポン

 

見にいったわけではないので、どんな試合展開になったのかは知らないけどね。でも、いくつかの新聞記事にたくさん書かれてたのを見る限りでは、とても楽しく、素晴らしい大会になったようだ。

 

表彰式でも、深見東州先生のジョークや歌などで、主催者自ら大いに盛り上げられたようだ。8日は優勝したイタリアの選手にちなんで、カンツォーネの「オーソレミオ」と、「誰も寝てはならない」を歌われ、10日は、「ダニーボーイ」と「思い出のサンフランシスコ」を歌われたそうだ。

 


 

 
<

 

 

 

詳しい成績は、日本ブラインド協会のホームページで見ることができる。

2016 BLIND GOLF JAPAN OPEN 【大会結果】ブラインドゴルフジャパン・オープン

ISPSハンダ・ブラインドゴルフ世界選手権大会・最終日成績表

 

深見東州(半田晴久世界プラインドゴルフ振興協会総裁)先生は、世界のブラインドゴルファーたちの願いでもある、パラリンピックに出場したいという夢を実現するため、障害者ゴルフとも協力して、ロビー活動を続けていくそうだ。

新着記事

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。     舞浜でのデビットフォスター&フレンズとのコ ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業もはじまった。 家にいながらライブ参加している感じで、今までにはないものを感じるけどね。 神業に参加し ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関する、リスナーからの直球の質問に答えられているものがあった。短い番組なので、全ては語りつくせないものが ...

    -半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援
    -, ,