world mate happy

ワールドメイトっぽい日々

372年ぶりの夏至の日食だけど、何か起きる!?

部分日食ではあるけど、日本では夏至の日の日食は372年ぶりになるらしい。

今では、日食を求めて旅をする人もいるくらい、人気の天体現象になってるけどね。

 

直近だと、2019年の12月26日にも、部分日食が東京などで観測されていたそうだ。

その時は、太陽が欠けたまま日没になる、珍しい現象だったようだけど、あまりいい感じの現象には思えないけどね。

 

 

日本の伝統では、日食そのものが穢れとみられていたらしい。

孝明天皇の公式記録によると、日食のときは宮中祭祀が中止されていたそうだ。

もっと昔の文献では、天皇は日月食の光にあたらないようにしていたという記録も残っているそうだ。

ワールドメイト会員も、あまり見ないという人が多い気がするけど。あまりオススメはされてなかったと思うし。

 

まぁ、今となっては、そんなのは迷信だと笑う人がほとんどだとは思うけどね。

でも日本の神話に出てくる天照大神は、皇祖神であり、太陽神とも言われている。

その太陽が隠れてしまうのだから、昔の人が不吉な感じを持っても不思議ではないよね。

 

古代中国では、紫微宮(北極星)にいるとされる天帝が最高神だった。紫禁城もそこからきているそうだから。

その紫微宮に彗星の尾がかかると不吉なことが起きると言われていたらしいけど、それも日食と似たような意味になるのかな。

 

日食ではないけど、今年の2月14日、パンデミックになる前だけど、内モンゴル自治区で太陽の光が5つに別れて、地平線と並行して大きな輪を作る現象が起きていたらしい。

天下大乱の前兆だと騒がれていたらしいけどね。こんな珍しい現象を見ると、そう思いたくなるかも。

その後、五大陸に感染が広がってしまったけど。

 

 

話はそれるけど、天帝より受ける「天命」によってその人物は皇帝となって王朝を起こし、天命が変われば新しい皇帝が前の王朝を倒す革命になると伝えられていたそうだ。

そして皇帝が善政を行えば五穀豊穣をもたらし、鳳凰、麒麟、応龍、霊亀が現れて讃え、悪政を行うと彗星が現れたり転変地変が起きるなど、凶兆で警告し、革命が起きて皇帝を滅ぼしてしまうそうだ。

今の中国政府の行いは、果たしてどっちになるんだろうね〜。

ワールドメイト的に言うと、瑞獣は日本には現れているかもしれないけど。

 

 

話を戻すけど、今回の日食は、アジア全域と東欧、アフリカ、オセアニアなどの広い地域で見られるそうで、中でも金環日食はアフリカ東部・アラビア半島南部・パキスタン・インド北部・中国(チベット・四川・貴州・湖南・江西・福建)・台湾・グアム沖で観測できるそうだ。

つい最近、インドと中国の国境では、死亡者が出るなどの衝突が起きているけどね。香港や台湾も、世界的な火種になっているけど、かなり心配になってきた。

 

 

 

 

今の米国は、中国に強硬姿勢を見せているけど、大統領選挙後にはどうなるかわからないし、EUの議長国になるドイツのメルケルさんも、どう見ても中国寄りにしか思えないからね。

 

議長国中のもう1つの重点はEU・中国関係になると指摘したメルケル首相は、

「特に中国のような戦略的パートナーと27加盟国が声を1つにして話し合うことが重要である。このようにして自分たちの価値と利益を守ることが可能である」と述べた。

 

外相のレベルでは、ある程度まとまった声明が出たけどね。まずはG7が強固に結束できないと、解決に向かうどころか、このアジアでの火種は、今後も、大きな混乱や分断につながる可能性が大きい気がする。

そうならずに、平和に解決できるようワールドメイトで祈りたいと思う。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトっぽい日々

© 2020 ワールドメイト ハッピー