worldmate happy

深見東州 コンサート情報

第3回東京国際コンサートにてホセ・カレーラスと共演

投稿日:2015年6月18日 更新日:

ワールドメイトの深見東州先生は、ワールドメイトとは別団体の、すばらしい芸術活動を推進し、芸術家を支援している世界芸術文化振興協会というNPO法人の会長も務められている。

そして、20年以上も日本や世界の芸術文化の振興に、献身的な貢献を続けてこられてきた。

 

今回6月15日の第3回東京国際コンサートにおいても、スペインの世界的なテノール歌手、ホセ・カレーラスを呼んで、ガラコンサートを無料で開催された。

無料にしているのは、この世界の至宝といえるカレーラスの歌唱を、より多くの日本の人たちに聴いてもらい、世界最高水準のクラシックコンサートを通じて、クラシック音楽の素晴らしさを広めるためだと思う。

別に無料でなくとも、コアなファンなら3、4万出せば、見に行く機会は別にもあるけどね。

でも、見たくてもそこまではしないという人も多いだろうし、ましてや学生とかでお金がない人もいるだろうし、それを考えると、この無料で開催されるコンサートの意義は非常に大きいと思った。

 

 

新たなクラシックファンが増えただろうし、また、本物の素晴らしい芸術に触れ、音楽の道を志す高校生とか学生の子なら、将来への大きな刺激になると思うから。

その昔、ビートルズが来日したおかげで、それに刺激を受けた、たくさんの才能ある若いミュージシャンが出てきて、日本の音楽シーンに大きな影響を与えたと聞いた。

 

音楽のジャンルは違うけど、クラシック界最高の位置にあるホセ・カレーラスの歌を、こうやって誰にでも聞けるようにしたことはスゴい画期的なことだと思う。

去年も、ルネ・フレミングという、世界最高のソプラノ歌手を呼ばれている。

この歌手は、日本にはめったに来てない人なので、とても貴重なコンサートでもあり、大絶賛だったそうだ。専門家から、巷のファンまで、涙して聴いていたらしい。

その前の年も、キリ・テ・カナワという、世界で一番美しい声と言われていた歌手を呼ばれている。

 

近い将来、こういう東京国際コンサートなんかで刺激を受けた人たちの中から、世界的なクラシック歌手になる人が出てくるかもしれないよね。

 

まあ、自分はクラシックファンとはお世辞にも言えないけど、だから東京コンサートの抽選に当たらないのかな〜とも思うけど、それでも深見先生がされている、クラシック音楽を振興していく活動は理解しているつもりだし、それを応援したいと思っているけどね。

 

夢の共演実現 世界的テノール歌手ら美声で聴衆魅了

スポニチ 2015年6月18日 05:30

世界芸術文化振興協会主催「第3回東京国際コンサート」が15日、東京都渋谷区の新国立劇場オペラパレスで行われた。世界的テノール歌手ホセ・カレーラス(69=スペイン)が、日本屈指のバリトン歌手・深見東州(64)らなかまたちと夢の共演。「世界三大テノール」のひとりであるカレーラスはその存在感、カリスマ性、美声で満員の聴衆を魅了した。

時間よ、過ぎないで——。いつまでも美しい歌声に身をゆだねていたい。そんな思いが客席に充満した。

開演から約2時間。午後8時半過ぎ、大きな拍手に促されるように始まったアンコールで、圧巻の光景が広がった。 舞台に向かって左手に深見、右手にニュージーランド出身のバス歌手コナル・コード、そして中央にカレーラスが立った。第1部を深見とコード、第2部をカレーラスが担当し、ついにアンコールで実現した3人の共演。息をのむ聴衆。期待が一気に高まる。

「♪知らず知らず 歩いてきた」

深見が口火を切ったその曲は、美空ひばりの「川の流れのように」。カレーラスも流ちょうな日本語で続く。サビではコードのバスが響き、豪華なハーモニーが空気を震わせた。荘厳なオペラ楽曲が続いた中、満を持して披露された日本の名曲は、誰の心にも染み入り、涙腺を刺激した。

続きはクリック

 

3大テノールの共演から、カレーラスの歌を聞いてみよう。
The 3 tenors in concert 1994, Los Angeles, full

 

こちらは、昨年の東京国際コンサートに出演したルネ・フレミングの、10年くらい前に歌ったアリア。やっぱり、当代随一といわれるだけのソプラノ歌手だよね。

Renee Fleming "O mio babbino caro" Gianni Schicchi

第1回東京国際コンサートに出演した、往年のキリ・テ・カナワの美声

Dame Kiri Te Kanawa sings "Vocalise" - Rachmaninoff

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-深見東州 コンサート情報
-, ,

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.