いろいろなお話がワールドメイトで聞ける

「我輩は霊である」夏目そうしき著であの世のことを知る

投稿日:2015年5月24日 更新日:

今日は先日書いたように、ギャグスピリチュアル本として復刻した「我輩は霊である」夏目そうしき著を紹介しようかな。

紹介するといっても、夏目そうしきとは、ワールドメイトの深見東州先生のことだからね。ワールドメイト会員じゃない人は知らないだろうから念のため。

 

それとこの本は、夏目漱石の処女作「我輩は猫である」とはもちろん関係ない。

なんの関連もないし、小説でもないから、くれぐれもまちがわないようにね。

ただ「我輩は猫である」は、「我輩は猫である。名前はまだ無い」の有名な一節から始まる。そして「我輩は霊である」は、著者の前書きで、「我輩は霊である。戒名はまだ無い」から始まるところは、ちょっと似ている。

でも似ているのはそこまでで、あとは夏目そうしきの世界へと入っていくから。

 

「我輩は霊である」夏目そうしき著

「我輩は霊である」夏目そうしき著

 

ところで世間では、今「妖怪ウォッチ」が流行っているよね。

そこに猫の地縛霊と言われるジバニャンという妖怪が登場するけど、霊や妖怪があんなにかわいいなら友達になってみたくなるけどね。

でも実際の地縛霊となると、あるいは浮遊霊ともなると、そんなことは到底言えない。

 

数年前に「シックスセンス」という映画が公開されたけど、地縛霊・浮遊霊に関しては、あの世界が事実にとても近いと思う。

困ったことに、それらの霊たちは、何かのはずみで生きてる人に憑依することがある。

すると、たとえば身も凍るような山で凍死した人の霊に憑かれると、なんだか寒くて寒くてしょうがなくなったりする。

それだけならまだいいけど、なかには病気になってしまうとか、体が重くてだるくて仕方がなくなるとか、そういう症状が出てこないとも限らない。

もしも、あるときから突然心身にそういう異常が出てきた人は、そういう霊たちに憑かれてしまっている可能性もあるかも。

ワールドメイトには救霊というものがあるので、そういう場合は、救霊を受けるとあっという間に元に戻るけどね。

そうすると、いままでのあの苦しみや体のだるさは、いったい何だったんだろうとなるけどね。

それが何より霊の憑依の証拠だったとわかるはず。

 

ひどい人になると、救霊後に体重が半分になったかと思うほど、体が軽くなったと感じる人もいるようだ。

自分も、何度かそういう感じの経験をしてきたので、ワールドメイトの救霊で何度も救われたと感謝している一人だけどね。

なにしろ座っていてもだるくて、耐えられないような辛さになり、頭も重くて痛かったのに、それが救霊を受けていると瞬く間になくなったからね。

それは奇跡でもなんでもなく、そういう霊の憑依現象という現実を知ってさえいれば、別に不思議なことではなくなるけどね。

そして、世の中のいろいろな不思議なことへの疑問も、次々と解決していった。

ずいぶん話は迂回したけど、実は、この「我輩は霊である」夏目そうしき著には、そういうことに関する知識がたくさん書かれている。

 

さらによくあるケースだけど、先祖供養のやり方が間違ったために、先祖霊や浮遊霊に悩まされ、いきずまったり苦しくなったりする具体例についても書かれている。

そういう霊や先祖供養に関する入門的な知識と、それから生ずる問題を、ふだんの日常生活のなかで解決するやり方やヒントなどが、わかりやすく書かれているのだった。

そして深見東州先生が実際に行った救霊の事例なども、いくつか紹介されている。

今はそのお弟子が、ワールドメイトの支部で救霊を行っているけどね。

 

でもこの本のスゴいところは、単に霊界の知識に詳しくなることや、それを知らなかったためにおきる不都合を解決するだけではなかった。

もっと人生がプラスになる、発展的な生き方に生まれ変わるヒントや教えについても、かなり書かれている。

ぶ厚い本ではないのに、中身はカバーの写真同様に、とても濃くて深いものがあるからね。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-いろいろなお話がワールドメイトで聞ける
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.