world mate happy

ワールドメイトっぽい日々

環境問題が政府を揺さぶりかねない中国

投稿日:2015年3月10日 更新日:

ワールドメイトで今年行われた神事、そしてこれから行われる神事は、ワクワクするような神事ばかりで、これからの日本と世界の動向に予想もしなかったような影響がでるかもしれないというロマンに満ちてる気がする。

スケールが大きすぎて、まだよくわかってないんだけどね。

 

ところで、先週紹介した中国の深刻な大気汚染を告発した動画は、結局規制されて、関連報道を禁じられ削除されたようだ。

「どんな報道よりも胸に迫る」と多くの人から称賛の声が上がる中、環境省の大臣も賞賛していたのに残念だよね。

改革を求める矛先がうねりとなって、共産党政権を揺さぶりかねないと判断したのかな。だったら初めから公開しなかっただろうに、政府も環境問題に関しては、判断に迷うほど、どうしようもないジレンマにあるのかもしれない。

 

いくら対策費をかけても、汚職や賄賂がはびこり規制は進んでないというし。

ただ習近平政権も癒着にメスを入れ始めていて、山西省の幹部によれば、反腐敗運動の摘発で300近くの省幹部ポストが空席になっているそうだ。

でも、まだまだ全然なのだろう。

 

今年の全人代では李克強首相が、環境汚染に強い姿勢で取り組む姿勢も表明したそうだけど、ルールが決められてもほとんど守られず、役人も見て見ぬ振りで処分しないそうだ。

厳しい規制順守を迫ると企業が倒産し、失業者が激増して、それこそ体制を揺るがすことになるかららしい。

 

しかしこのままだと、自国民も健康被害で病気になるだけだし、海外から仕事で来た人々も帰る人が増えている。

当然だよね、北京市長でさえ「居住に適さない」と認めるほどなんだから。

 

米国の引っ越し会社ユニグループ・リロケーションの調査では、2014年に中国を離れた駐在員は、着任者の2倍になったそうだ。

もちろん「絶望的な大気汚染」が大きな理由だけど、2009年以降、中国の成長が鈍化し、プラス生活費は上昇しているのも原因だそうだ。

 

そういう意味では、2009年から中国の衰退が始まっているといえるかもしれないね。

たしかにワールドメイトで、昔聞いた通りにだんだんなってきたようにも感じる。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.