ワールドメイトっぽい日々

国内の今年の出来事ベスト10(前半)

投稿日:2013年12月27日 更新日:

今日は、いよいよ日本国内の、今年の出来事ベスト10。

個人的な独断と偏見で選んでみたけどね。

ワールドメイト的な視点と、自分の好みが入り混じったものになった気もする。

 

では、まず第10位

小笠原に新島誕生。

 

実は、2、3日前までは新島だったけど、ついに西之島とつながったそうだ。どちらにしても、たとえわずかでも領土が拡がることはいいことだよね。

しかも太平洋だから、他の国の領土とも被らないし、資源の宝庫だといわれる海域も多いしね。

これから日本の国が隆盛する象徴のような気がしたから、第10位に選んでみた。

 

第9位

台風26号、伊豆大島を襲う

 

こちらは一転して悲惨な災害のニュースだ。

強烈な台風26号が伊豆大島を遅い、集中豪雨によって大変な被害を出してしまった。

 

ちなみに、ことしは台風が多くて、計31個も発生した。

フィリピンのレイテ島を壊滅させた、観測史上最大級のスーパー台風もそのひとつだった。

また26号以外に、スーパー台風が続けて二つ日本に同時接近したけど、これはぎりぎりで回避されたのでよかった。

 

結局今年は、カテゴリー5のスーパー台風が4つ発生した。

今後も巨大台風が発生して、日本に来ることが大いに考えられる。

ちなみに台風26号は、あれでもカテゴリー4の台風だった。

 

それにしても、今年は猛暑の記録が塗り変わるほど暑い夏だったし、ゲリラ豪雨も珍しくなくなってしまった。

地球温暖化による気象異変は、日本だってけっして例外ではないことがわかる。

ワールドメイトで、来年も御祈願しなくてはね。

 

第8位

辺野古埋め立て承認

 

これは、つい今日のニュースだけど、沖縄の仲間知事が辺野古埋め立てを承認した。

そのまえに、政府が沖縄県の人たちの要望に対し、かなり前向きな回答を用意した。

知事はそれを立派な内容と評価し、今回の承認につながったとのことだ。

 

沖縄基地問題は、日本とアジアの防衛の要になるだけに、高所大所からの判断が必要だけど、なにしろ交渉の当事者には、政府、沖縄県自治体、名護市市民、そして米軍政府と、それぞれ違った思惑や感情が錯綜している。

今後の進展に関しても、まだどうなるかわからないけど、大きく動き始めたという事で第8位。

 

それにしても中国の脅威が続く限り、沖縄米軍基地の県外移設は困難に思えるし、かといって、普天間基地をあのままでいいとはとても思えないから、本当に悩ましい問題だ。

 

第7位

駐日米国大使にキャロライン・ケネディが就任。

 

これは、素晴らしい出来事だと、多くの人が思ったんじゃないかな。

なにしろJ.F.ケネディの娘だから、それだけで好感度も抜群だ。

 

キャロラインさんも、「日本ほど赴任したいと言う国は思いつかない」と、言ったそうだ。

オバマ大統領と非常に親しい仲なので、日米間の大きな問題から、いろいろな細かな問題まで、パイプ役としてとてもふさわしい人物だと思う。

なので、第7位にした。

さっそく靖国参拝の件で、日米間のやりとりが大事になるだろうね。

 

第6位

参議院選挙与党過半数。

 

連立与党で過半数なので、自民党単独では過半数に達しなかった。公明党と組んで安定多数になるという、微妙な案配だった。

結果はある程度予想の範疇だったと言えるけど、まずは衆参のねじれが解消したことに大きな意味があると思う。

ねじれのおかげで政治が停滞することだけは避けないと、結果として短期政権になりやすい。

それでは日本の政治は良くならないだろうから。

 

かといって、今すぐに自民単独政権になるのも不安があった。個人的には憲法問題などはじっくりやってもらいたいので、ちょうどいい感じの結果になったのかなと思っている。

 

それからネット選挙が、まだまだ試行錯誤とはいえ解禁された。

こちらもいい形で、時代にあった形になっていくといいけどね。

ということで、第6位にした。

いずれはこういう時代になる日もくるのかな〜 ?

 

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.