world mate happy

ワールドメイトの神事の魅力を紹介

今年のお盆供養は、ペルセウス座流星群とともに!

投稿日:2011年8月12日 更新日:

本日から、お盆の祈祷会がワールドメイトでは開催される。

今年は23代前の先祖まで供養の幅が広がるなど、例年に比べてさらに多くの先祖供養が可能になっている。

 

20代前というと、鎌倉時代の末期か、南北朝のころの先祖がいるようだ。

太平記を読んだ限りでは、その頃は、長い間混乱と争乱が続いた時代だったから、かなり大変な時代だったと思う。

武家も公家も腐敗し、人心も乱れていただろうから、そんな中で楠公さんや、北朝方の忠臣の活躍が一層引き立って見えるよね。

 

でも、そんな乱れた時代ゆえに、その頃の先祖は何やっているかわからないから、そこ頃の先祖まで救われることはホントに凄いことだよね。

先祖に成りかわり、とてもありがたい気がする。

 

ところで、今日はワールドメイトではいつも話題になる、ペルセウス座流星群がやってくる日でもある。

最も多く見られるのは、8月12日の夜から13日の明け方で、13日の夜も要注意だそうだ。

今年は、満月に近い明るい月が輝いているため、見えにくいみたいだけど、明るい流星が多い三大流星群のひとつなので、なんとか見えるかもね。

 

流星群が最も多く流れる時刻は、日本時間8月13日15時ごろらしく、昼間の時間帯なので、見るなら今日の夜から明日の明け方か、明日の夜から14日の明け方がチャンスらしい。

本当はピーク時には1時間あたり50個くらいの流星が見られることもあるそうだ。
観察の条件は良くないけど、夜空をじっと見ていると、ちょっとは見えるかもしれないね。

とりあえず、見える方向は北北東の、下図の方向だそうだ。

 

 

ところで、毎年決まった時期に、空の同じ位置に、たくさんの流星が見られるのを流星群と呼ぶそうだ。

この流星群がなぜ見れるかというと、彗星が放出していった塵の流れの中に地球が進入するからだそうだ。

塵(流星物質)の軌道と地球の軌道が交差していて、毎年決まった時期に地球がそこを通るので、同じ方向から飛んでくるたくさんの流星が見られるらしい。

 

宇宙はあんなに広いのに、神秘的な邂逅だよね。

 

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトの神事の魅力を紹介

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.