「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」

ワールドメイトでも、ラジオでも、ゴルフ中継でも笑いが絶えない深見東州先生のトーク

投稿日:2015年11月21日 更新日:

深見東州先生のラジオ番組「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」では、次々とダジャレを連発されるので、つい笑ってしまう。

今回の放送の中で、なんでも南アフリカでスポーツ平和サミットが行われたようなことを言われていた。もしそうなら4回目になるのかな?

イギリスの人たちと先日のラグビーの話でとても盛り上がり、中でも日本のチームのことが話題になっていたそうだ。

単に勝ったということより、小さいものが大きいものに勝ったことに対しての賞賛の声が大きかったそうだ。

そしてビシッと礼儀正しく、マナーも良いことが素晴らしいと言われていたそうだ。

日本では五郎丸人気がすごいけど、海外でも、別な意味で大きな話題になっている。素晴らしいことだなと思った。

 

今回は、スポーツのお話が中心だったけど、弓道とゴルフのお話もされていた。

オイゲン・ヘリゲルの「弓と禅」という本があるけど、そこから紹介されていた。

このお話はワールドメイトでも聞いたことがあるけどね。

とても面白いお話だったので、「弓と禅」の本も読んでみた。

 

弓道には相手がなく、スポーツというより弓道を通して禅でいう見性、悟りを得る「弓禅一味」の側面がある。

禅は難しいけど弓道ならということで、へリゲルさんが弓道の達人の元に入門し、そこで修行に励んで、かなりのレベルになる過程が書かれた本だった。

そして本国に帰って、今まで自分がやってきた哲学の研究内容なんて意味がなかったものだったと言って、破棄してしまったそうだ。

弓道を通して、理屈や西洋の学問とは違う、禅の深い部分を体得し悟ったからだろうね。

 

禅は自分を修めるものだと言われているけどね。

それにしても弓道の達人から、的を狙ったらダメだとか指導されたら、わけがわからなくなるだろうね。

もうやめようと思ったところに、師匠が暗闇の中でも的を打ち抜くのを見て驚き、そんな紆余曲折があって、なんとか続けていき、とうとう悟ったようだ。

そういう内容なので、禅の本を直接読むよりは、比較的わかりやすく禅について語られている本かもしれない。

 

弓道は、禅における座禅の代わりにやっていた面もあり、君子のスポーツだということだ。

ワールドメイトも禅に通じる一面があると思うけど、出家主義のような修行とかはないし、日常生活を大事にして、そこで自分を修めることを目標にしている。

だから現代において仕事や家庭を持つ人が、そのまま取り組めるところがスゴいと思う。

もちろん徹底して何かを得ようとすれば、必ず何かを犠牲にしなくてはいけないけど、それはスポーツでも音楽家でも、経営者でも同じことだからね。

その人が何を人生の価値として大事にしているかの問題だろうから。

また、それをどのレベルまで求めていくのかは、周りの人がとやかく言うことではないだろうし、本人の求道心次第になるよね。

 

ところでその弓道は、現代のスボーツで言えばゴルフと似ているそうだ。ゴルフも弓道も相手がいないし、礼儀やマナーにも厳しい。

ゴルフはメンタルな部分が結果に出やすいから、自分の内面をどう持っていくかが特に大事になるようだ。

そういうところに共通項があるのかもしれない。

 

ゴルフと言えば、今、ハンダカッブフィランスロピーシニアトーナメントが開催中だ。

午前中の実況中継に深見東州先生が登場されて、解説者と一緒になって面白いことばかり話されていた。

アナウンサーも笑いのツボに入ったのか、思い切り笑っていたけど。

ワールドメイトでもたくさんのお話をされるけど、ゴルフ中継でもたくさんのお話をされるところは変わらなかった。

もちろん内容は全く違うけどね。

ダジャレがふんだんに入った、ギャグトークが爆発していたので笑ってしまう。

なんで次々と面白い話が出てくるのか、それもスゴいなと思うけどね。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.