world mate happy

半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援

国際スポーツ振興協会の男女平等の大会が開催、オリンピックは男女のバランスが取れた最初の大会に

今年のオリンピックは、過去最高に女性アスリートの参加率が高いそうだ。

48.8% になるそうで、男女の比率がほぼ同じになるという画期的な大会になりそうだよね。

 

さらにIOCの規則が、各国、各地域の選手団は、男女一人づつを旗手に起用できるように変わったそうで、その選択肢を利用することを推奨していた。

そして各国代表は、最低でも男女一人づつを入れてチーム編成をすべきとの考えも示していた。

 

 

深見東州先生が会長の国際スポーツ振興協会は、昨年からオーストラリアや英国で、男女のゴルファーが同じ賞金額、同じコースで、男女同時にトーナメントを行うという、男女平等の大会を3試合ほど開催されてきた。

スポーツの種類によっては、男女における賞金格差というか、人気の開きなども、とても大きいけどね。

 

日本では女子ゴルフの方が人気があるのかもしれないけど、それでも賞金金額には少し差があるし、世界のゴルフツアーになると、賞金や人気など、様々な面で、かなりの差があるようだ。

そんな中で、世界のゴルフツアーにおいて前例のない、男女平等をうたう大会を開催されたので、世界のゴルフ界ではとても注目されていた。

おそらくオリンピックも、スポーツにおける男女平等というのか、格差をなくすための一環として、今回のようなことを決めたのかな。いいことだとは思うけどね。

 

ちなみに、そのゴルフツアーの内容も、簡単に紹介しておこうかな。

昨年の2月に、初めて男女同時開催され、今年の2月に再び同時開催したのが、ISPS HANDA VIC オープンになる。

女子はアメリカの女子ツアーとオーストラリアの女子ツアーの共催大会になる。

結果は韓国勢が上位を占め、朴ヒーヨンとユ・ソヨン、チェ・ヘジンの三人によるプレーオフの末に、朴ヒーヨンが、ツアー通算3勝目をあげた。国際スポーツ振興協会アンバサダーのミンジー・リーは6位タイで終わる。

 

男子は、ヨーロッパの男子ツアーとオーストラリアの男子ツアーの共催で、国際スポーツ振興協会所属の谷原秀人は22位にとどまったものの、もう一人の国際スポーツ振興協会アンバサダーのミン・ウー・リーがツアー初優勝を手にした。女子のミンジー・リーの弟さんになるそうだ。

 

 

お姉さんと喜びのハグをするシーンがいいね。

 

 

続く次の週には、アメリカの女子ツアーISPS HANDA オーストラリア女子オープンも開催されていた。

そこでも、韓国の大御所、インビーパークが、2年ぶりの、ツアー通算20勝目を手にした。スゴい記録だよね。

 

 

日本からも原英莉花が上位に進出していたけどね。

こちらは過去数年の優勝者。

 

 

ゴルフ観戦だけではなく、いろんな楽しみがあるのがわかる動画。これなら、行ってみたくなる気がする。

 

 

このビール?には、少し驚いたけどね笑。

 

 

その時に、国際スポーツ振興協会が推進している障害者ゴルフのデモンストレーションも同時に行われたそうだ。

 

 

国際スポーツ振興協会アンバサダーのローラ・デイビスやジョン・キー元首相の姿も見える。

ちなみに、国際スポーツ振興協会では、ジョン・キー元ニュージーランド首相の他に、エンダ・ケニー元アイルランド首相と、トニー・アボット元オーストラリア首相の三人がペイトロンに就任している。

 

こちらは、ミンジー・リーが、地元でジュニアの子たちを相手にゴルフクリニックを開催しているところ。

子供の頃から興味を持ってもらうためには大事なことだよね。

 

 

そして、昨年の夏に男女平等の大会として、北アイルランドで同時開催されたのが、ISPS HANDA WORLD INVITATIONAL。

 

 

主催のモデストゴルフを立ち上げたのが、ワン・ダイレクションのナイル・ホーランなので、ゴルフ会場には、ゴルフと関係のない女の子もたくさんきたそうだ。

 

 

プロアマも楽しそう。ふつうのゴルフの試合とは思えない感じが好き。

地元の人気バンドによるロックコンサートも開催期間中に行われていたらしい。

 

 

 

障害者ゴルファーのプレンダン・ローラーさんも、ナイル・ホーランも、今はISPS HANDAのアンバサダーになっているそうだ。

 

 

 

今回のオリンピックにも、おそらく深見東州先生が会長の国際スポーツ振興協会アンバサダーのプロゴルファーが、かなり選ばれるだろうし、それも楽しみだけどね。

まぁ、オリンピックに関しては、最近の世界的な感染拡大で、どうなるのという不安なニュースやSNSも多く見るようになってきた。

利権がらみのこととか、いろんなことが憶測されて、飛び交っているようだけど。

 

今の所は、開催するかしないかを決定するIOCは、全く予定どおり開催する意向のようだけどね。

まだ4ヶ月以上あるから、少なくとも2ヶ月以内には終息するといいんだけど。

 

 

オリンピック開催は、ワールドメイト会員にとっても、いろんな思いがあるけどね。

元になった古代オリンピックは、ギリシャの神様に捧げる祭典として始まったものだからね。

オリンピックには魔物が棲むと言われているけど、本当は神様のことだと言えるよね。

また、オリンピックの開催国にも、その後、いろんなことが起きるという説もあるけど。

 

本当は、東京オリンピックは今回で3回目になる予定だったけどね。

最初の1940年の東京オリンピックは、日中戦争など国際情勢の悪化のため、日本から返上せざるを得なかったらしい。

その後は、本格的な戦争へとつき進んでいくけど。

1964年の東京オリンピック開催の成功の後は、いいイメージで語られることが多いよね。先進国への仲間入りを果たしたとも言われているけど。

今回はどうなるのかな。

 

近代オリンピックを提唱したクーベルタン男爵の頃は、帝国主義が跋扈する時代だったけど、「スポーツを通して心身を向上させ、さらには文化・国籍など様々な差異を超え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって理解し合うことで、平和でよりよい世界の実現に貢献する」という精神で、その後もずっと受け継がれていると思う。

今は民主主義の価値が尊ばれる時代とはいえ、そうではない国もいくつかあるし、リーダー国不在の複雑で難しい国際情勢だよね。

 

さらに感染症や地球温暖化のような脅威も迫っている時代だから、国内の安定とともに、世界平和や秩序に貢献できる日本になってほしいなと、思っているけどね。

深見東州先生も、スポーツを通して社会へ貢献されているし、スポーツは世界平和にも寄与できると言われていた。

 

 

 

新型コロナウィルスによる感染症は、今や、世界中に急拡大しているけどね。

日本は、検疫数が少ないから、感染者数の数が実態よりもかなり少ないという意見もわかるけど、そもそも死亡者もかなり少ない気がするよね。

もし日本が韓国やイタリアのように、すでに数千人規模で感染しているとしたら、こんな死亡数では済まない気がしてならないんだけど。

ある程度、拡大は緩やかに抑えられている気がするけど。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援
-,

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2020 All Rights Reserved.