ワールドメイトっぽい日々

ワールドメイトの氷見神事で感じたことは

投稿日:2018年9月1日 更新日:

ワールドメイトの神事も終わり、今回も神事中にいろんなことがあったけどね。

それはおいおい機会があれば書くかも知れないけど、今月、自民党の総裁選の告知が9月7日にと迫ってきた。

自民党総裁選は、事実上日本の首相を決めるものなので、それなりに関心は持っているけどね。

 

現総理の安倍さんと、6年ぶりの出馬となる石破さんの二人の掲げたスローガンは、それぞれ「責任、実行」と「正直、公正」になっていた。

二人とも、取り立てて珍しい文言ではないけど、総理大臣に求めるものは日本のトップとしての舵取りという大きな責任と、そして的確な決断力と実行力だと思っているから、安倍さんとしては至極当たり前のことをスローガンにした感じなのかな。

石破さんは、安倍政権への批判を込めて「正直、公正」と掲げたと言われているようだけどね。

 

まぁ、政治家も「正直、公正」に越したことはないけど、そんな正直な人が政治家になったからといって、うまくやれるのかなという疑問は湧くけどね。

公文書書き換えや医大の不正入試、また今回の障害者雇用の水増し問題にしても、行政機関は、昔から「正直、公正」の反対のようなことを平気でやってたりするけどね。さすがに続くと呆れを通り越して諦めの境地になってしまうけど。

 

それで政治家の方は、「正直、公正」なんてことを真面目に掲げてやっている人って、現実にいるのかなと思う。

「正直、公正」も大事だけど、もっと別な資質が備わってないと、とても政治家としてやっていけないだろうからね。

田中角栄とか、どう見ても「正直、公正」とは思えないけど、政治家としては非常なやり手だし、素晴らしい部分があるから、今だに人気があるんだろうし。

 

だから「正直、公正」とかことさら言わなくてもいいから、最終的に日本のことを思って、的確な判断と決断を行い、しっかり実行する力がある政治家がいいなと思えてくる。

そうじゃい人が総理になったら、日本国民にとって恐ろしい結果になりそうな気がするから。

 

今の世界情勢を見渡せば、プーチン、習近平、トランプ、金正恩などなど、相当おっかない一筋縄では行かない権力者や独裁者たちが、世界中、いたるところに跋扈しているのにね。

そんなところに「正直、公正」な日本人がノコノコ出ていけば、たちまち猛獣に群がられて食べられるトムソンガゼルになってしまいかねないよね。別にトムソンガゼルでなくてもいいけど笑。

 

安倍さんも、トランプ大統領から「真珠湾を忘れない」と伝えられて通商問題の協議を始められたとか、そんなニュースも最近出ていたけどね。

事実かどうかは知らないけど、そんなことは、あのトランプ大統領だったら、平気で言いそうな気もする。

2国間貿易協定に関しては、きっぱりと断ったことも書かれていた。

 

パールハーバー

 

そのように、裏では丁々発止とやりとりする場面があるのは当たり前だろうし、それでも最後は、仲良く協調していく姿勢を打ち出せるところが、外交のやり手なんだろうなと思うけどね。

そこで脅かされたり、スカされたりして、相手のペースに持ち込まれると、日本にとって不利な結果になって行くだろうから、相手に飲まれないだけの胆力や知恵が必要だよね。

 

別に自民党や安倍総理がと言うのではなく、この先も外交で各国首脳と互角に渡り合える人が、総理大臣には就任して欲しいなと思っているけどね。

国内で人気があっても、海外の首脳から一目おかれるような人物がトップじゃないと、日本も政治的にいつまでも2流3流国のままだろうから。

経済力の割には、過去の日本の政治家の多くは、海外での存在感があまりないと言われているけど、日本の政治は、世界の中ではまだまだなんだろうなって思う。

 

ところで報道では今ひとつわかりにくい安全保障に関することについては、日本の安全保障を取り巻く環境が、確実に数年前、数十年前よりも上向いていると言われているそうだ。

国際情勢はこれからも油断できない情勢が続くだろうし、世界はめぐるましく変わってきたけどね。

その中で最近の日本の環境は、20年前と比べると、色々な面で少しづつ良くなってきているように思うけどね。

深見東州先生も、最近はあまり多くは語られないけど、昔からワールドメイトで聞いていた方向に、世界や日本は向かっているのかな。この数年の状況を見て、ホントにそう感じるんだけど。

 

ワールドメイトの神事も、以前とは証の出方の種類が変わってきたのかなと、最近感じることもあるし。

ワールドメイトの神事は、いつも日本や世界に証が出てきたけど、これから大きく世界が変わって行く中で、そこで生じる軋轢や困難から救済する役割があることを、最近は実感できるようになってきた。

未来の世界も日本も良い形になると信じてはいるけどね。最終的に良い形になるとしても、その途中においては苦しみや困難に直面する人たちがたくさん出てくるだろうから。

そういう困難が最小限になるように祈ってはきたけど、これから来年に向けて、ワールドメイトで、ますますそんな祈りが大事になるのかな~と、今回の神事に参加して感じた。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトっぽい日々
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.