半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援 深見東州 (半田晴久) 最新情報

ISPSハンダマッチプレー選手権もいよいよ大詰め、ライブ配信が見逃せない

投稿日:2017年9月8日 更新日:

総勢104名が参加した、日本男子ゴルフツアーの選手たちで争われるISPSハンダマッチプレー選手権も、いよいよ準決勝、決勝を残すのみとなった。(3位決定戦、5位タイ決定戦もあり)

こちらが準々決勝まで残った8人のゴルファーたち。

 

 

そして、その中から勝ち残ったのは以下の4人。

ベスト4(片山晋呉、高山忠洋、H・W・リュー、趙炳旻 )

 

8月の1回戦から数えて、すでに5回の勝利を重ねてきたのがこの4名。3回戦から出場した8名のシード選手は、全員が姿を消している。

下克上のサバイバルゲームを勝ち抜いたこの4人の中から、優勝者が決まるわけだけど、日本選手、韓国選手がそれぞれ2人づつ残った。

これは面白い展開かもね。

 

もともとゴルフプレーヤーのことは、ぜんぜん詳しくないけど、高山忠洋というゴルファーは、今回初めて知った選手だった。でも、今年39歳ということなので、すでにベテランの年季を持つプロだ。

スゴいのは、2014年から2016年の予選通過率が9割を超えているらしい。安定した崩れない選手なんだろうね。

一昨年の賞金王金庚泰を下した海老根文博、最近ISPSアンバサダーになったニュージーランドのマイケル・ヘンドリーを下してのベスト4進出だ。

 

そして、準決勝で対戦するH・W・リューという韓国選手も、あまり知らない選手だけど、直近のフジサンケイクラシックでは、3人によるプレーオフを制して優勝している。

その勢いそのままに、ホストプロの谷原秀人、そして今平周吾と、シード選手を次々撃破してのベスト4進出だ。

 

もう一方のブロックでは、昨年の賞金王池田勇太を破って、趙炳旻がベスト4に進出。

このゴルファーも初耳だったけど、昨年から日本ツアーに参戦し、デビュー戦でいきなり優勝した選手だそうだ。まだ、20代で、これからの選手のようだ。

 

マッチプレーというのは強豪選手が早々と負けてしまうことがあるので、テレビ放映向きではないとか聞いたけどね。確かに今回を見た限りでは、そんな感じもするけどね。

でも一般的には無名に近くても、一人でも多くのゴルファーにチャンスを与えるという深見東州(半田晴久)先生の考えもあるだろうから、これはこれで、マッチプレーの面白いところかもしれない。

思わぬ伏兵が勝ったり、ストロークプレイにはないような番狂わせがあるから面白いのかも。

 

それでベスト4の最後の一人は、これは自分でもよく知っている片山晋吾だ。

最近は深見東州先生のミスズの時計のイベントにも参加していた。

そこで、深見東州先生の強運を読んでいたことをバラしていた笑。半田晴久会長と同一人物とは最近まで知らなかったようだ。

なんだか、それで妙に親近感を持ってしまった。

 

その片山晋吾さんは、今回のプロアマでの楽しそうな写真をインスタにアップし、ネットでも話題になっていた。

 

 

 

下のインスタのトークは、最近の晋吾さんのツボみたい。他にも、なかなか楽しくて面白いものがたくさんあった。

それからバックで喋っている方は、もしかして・・。全く話を聞かなくて盛り上がってるし笑。

 

 

ゴルフの試合とは関係ない動画だけど、見かけよりも、すごく面白い人みたい。深見先生とも気が合いそうな。

 

実は、その片山晋吾さんは、4回戦で20歳近く若いソンヨンハン選手と、歴史に残る大激戦を繰り広げていた。

今回のマッチプレーでは、18ホールで勝負がつかないときは、勝敗が決するまで、延々とエクストラホールでプレーするそうだ。

しかし、それがなんと9ホール目まで行って決着がつくという、計27ホール、始まりから6時間半にも及ぶ死闘になったそうだ。

それで勝ったときは、賞金王5回獲得のさすがの猛者も、優勝したかのような喜びようだったそうだ。

 

27ホールの死闘制す 片山晋呉「幸せでした」ーGDOニュース

「優勝以上でしょう、これは…。長いことやっていてこんな経験はない」。最強アマチュアだった学生時代、果ては海外で何度も経験してきたマッチプレーを振り返っても、自身のキャリアでナンバーワンといえる激闘だった。「どちらが勝ってもおかしくない。次のホールまで行っていたら、ヨンハンが勝ったんだと思う。ちょっと僕の方が経験が多い分、冷静に考えられたかもしれない」
午前9時40分に始まったマッチが終わったのは午後3時22分。途中補給したのは、水分とバナナ半分だけ。プレー中は忘れられた持病の腰痛も「これから来るでしょう」と覚悟したが、胸には爽快感が突き抜ける。「この年になってこんな経験ができるなんて、幸せだなと思っていました。44歳で26歳の選手とこんな戦いができるスポーツはゴルフだけ。勝っても負けても、やっている時間がとても楽しかった。こういうところでやれることが幸せでした」

 

その時の喜びのシーンがあまりに印象的で、ネットでたくさん取り上げられていた。

時系列で見ると、こんな感じかな。

 

 

 

 

 

 

なんだか、今回の試合の話題を一身にさらっている感じもするけど、続く準決勝では、打って変わって14ホールで勝負がついていた。

 

スパイクマークにも感謝 片山晋呉、27ホール翌日は14ホールで4強入りーGDOニュース

「きのうあれだけ頑張ったから、(神様が)早く終わらせてくれたのかなあ」と幸運に感謝した。
腰などに慢性的な痛みを抱える片山だが、今年はここまでスタート前にはマッサージを行ってこなかった。それがソン・ヨンハン(韓国)とのエキストラ9ホールに及ぶ激闘から一夜明けたこの日は、トレーナーを呼ばざるを得なかった。だからホールアウト後のコンディションも「寝ろと言われたら、ここで寝られる」と苦笑いするほどだ。
「マッチプレーは毎試合、常に優勝争いをやっている感覚。選手のレベルを上げるのには非常に良い。“あの感じ”と一緒なんだ。勝負にこだわるというか…。それを若い選手にも経験してもらえるのがありがたい」と話すのが、通算30勝の永久シード選手だから現実味がある。「経験と歳は僕が一番とっている。それを良い方向にいかせたい」。今季初勝利まで、あと2つだ。

 

明日からは、アメーバのFRESH!で、その熱戦がライブで見れるよね。

朝、9時25分から始まるよ。

https://freshlive.tv/search/ISPS

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援, 深見東州 (半田晴久) 最新情報
-,

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.