ワールドメイトでの面白い体験、すごい体験

ワールドメイトで体験した神さまへの向かい方

投稿日:2016年4月26日 更新日:

前にも何度か書いたと思うけど、ワールドメイトで行われる、例えばお盆の頃の供養とか、深見先生の大救霊とか、そういう祈祷会が近づくとなんとなく体がだるくなることがある。

毎回ではないけども、気のせいではないし、その証拠にワールドメイトの祈祷会が終わると、元どおりの元気になる。

 

でも、ワールドメイト会員でも、自分と同じようになる人や、あまり何も感じない人もいるから、本人の体質的なものとか、あるいは会員として長いか短いかも関係していそうだ。それが、特に重要なことではないから、どちらでもいいと思うけどね。

大事なことは、もっと他にたくさんあるから、そこを忘れないようにしたい。

 

ところでワールドメイトの祈祷会を受けて、その証のことを書くと、何も知らない人からは、本当かなと疑われたり、宗教を真面目にやっている人からは、おかげ信仰のように思われたりするので、あまり頻繁には紹介しないようにしている。

だけど、実際にはたくさんの証があり、自分にも大小様々なことがあったし、周りの人にもびっくりするような証が出ている。

そういう周りの人のスゴい証を聞いたりすると、嬉しくなると同時に、まだ自分の祈りは足りてないのかなと反省したりもする。

必ずしも証が出なければ、自分の祈りが足りないと思うわけではないけど、でも、その可能性はあるし、毎回同じ気持ちで祈ることって案外難しいことだと思う。

 

まずは、参加できることに感謝しないといけないよね。これを、けっこう忘れてしまう。

忘れるというより、当たり前になってしまって、感謝に心がこもらなくなってしまう。

毎日を普通に暮らしていると、それが当たり前になってしまい、劣悪な環境になった時、初めて普通に生活できていたことが実はなんとありがたいことだったのかと、心のそこから感謝できるようになったりする。

今は、普通に暮らしていけることが、神様に守護されていることなんだと思っているけど。

 

 

突然劣悪な環境になった時、なんでこんな目に合わなくてはいけないのだろうと、嘆いて落ち込むことがあった。

そういう体験は、できれば二度と体験したくないと思うけども、そんな時でも、不思議と感謝する気持ちになった時があり、そこから環境が変わっていったことをはっきり思い出す。

感謝というよりも、その前に、これはきっと自分自身が招いた結果なんだと、自分の力不足の結果、こういうことになってしまったんだと、素直な気持ちになって神様に謝った。

神様の役に立てない自分を恥ずかしく思って、神様に心から謝って心を入れ替えた時から、急に環境が変わり始め好転したのには、さすがに驚いた。

 

そして、この劣悪な環境になったのは、すべて悪いものを消すために、早く言えば業を払ってくださっていたんだと、神様に感謝する気持ちになった。

そうして周りの関係する人たちに対しても、感謝の気持ちが湧いてきたし、その人たちが本当に幸せになって欲しいと願うことができた。

 

その体験をしてから、深見先生が言われる、祈祷会を受けるときの心構えや本質を、だんだんと理解できるようになってきたように思う。

これはワールドメイトに限らないと思うけど、神仏のご利益や救いと言っても、それは神様から許された分だけしか救われないのが基本だし、ではどうすれば許されるかというと、神仏に誠で向かい実行するしかないと言われていた。

それが、真心がこもった善行のことであり、体施・物施・法施で徳を積むことだそうだ。

その徳を積んだ分だけ救われるそうだ。そこに関して、神様は誰にでも、同じように平等にされているようだ。

 

ただし徳を積むと言っても、徳を積むと自分が救われるからと思ってやっていると、なかなか徳にならないけどね。

そこの気持ちの持ちようがとても難しいけど、自分が救われたいから徳を積むという考えは捨てたほうがいいと思う。

あるいは物施にしても、ただお玉串を出すだけでは、あまり徳になってない場合もあるようだ。

 

あまり難しく考えるとわからなくなるので、不安に思う必要はないけど、最低でもさっきの自分の体験でいえば、まず、自分の過ちとか足りないところを素直にお詫びして改心するといいようだ。

そして、すべて神様のおかげですという敬神の気持ちでもって、神様に感謝をすることを忘れなければいいと思う。

最後に、関係するみんなが幸せになって欲しいと願うことができたら、さらに良いと思うけどね。

 

そういうのは、初めからできる人もいるだろうけど、初めは上手くできなくても、いろいろな体験をするうちに、わかってくるものだと思った。

また、そういうことが体で分かってきて、神仏のおかげや証が出るようになっても、そのうち馴れが出てきてしまうから、またおかしくなってしまう。

そうしたら、あっちこっちで頭をぶつけながら、再び初心に戻っていくようにすると、また、良くなっていくようだ。

 

これにワールドメイトの神法悟得会入門編で習った内容を踏まえて、深見東州先生のようにいつもブレずにできるようになると、100回祈ると100回神様が動かれるようになるのかもしれない。

いつになったら、そうなれるかわからないけど、希望は大きく持ってる方がいいよね。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトでの面白い体験、すごい体験
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.