半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援

第2回 ISPSハンダマッチプレー選手権の栄冠は、タイのクロンパの頭上に輝く

投稿日:2018年9月12日 更新日:

深見東州先生が会長をされる国際スポーツ振興協会主催、日本男子ゴルフツアーのISPSハンダマッチプレー選手権が終わった。

タイのタンヤゴーン・クロンパ選手が、日本の今平周吾を破って、日本ツアーでの初優勝を飾った。クロンパ選手おめでとうございます。

タイのゴルファーでは、シニアで一人勝ちを続けるプラヤド・マークセンという選手は有名だけど、これでマークセンに続く、タイのスター選手が生まれるかも。

 

 

 

去年のマッチプレーは、準決勝に日本と韓国の選手が2人づつ残り、最後まで日韓の一騎討ちの様相だったけどね。

今年は、準決勝でタイの選手同士、日本選手同士が対戦し、優勝決定戦は日本選手とタイ選手の対決となった。

3位決定戦でも日本タイの対戦になったけど、いずれもタイのゴルファーが勝利し、タイのゴルファーの躍進が目立つ大会になったよね。

 

優勝決定戦を見てきたというワールドメイト会員の話では、表彰式で主催者代表の深見東州(半田晴久)先生は、数年前にクロンパ選手の名前を知ったそうだ。

そのとき、ケロンパみたいな名前だな~と親近感を持ち、それ以来応援していたと話されてギャラリーの笑いを誘っていたらしい。

ケロンパって、昔薬局にいたカエルのことかなと思ったら、うつみ宮土理という女優さんのあだ名だった。

ちなみにケロヨンというキャラも別にあるようだけど、ややこしいよね。もちろん、深見東州先生の別名東州ケロちゃんとも違うし。

 

まぁ、それはいいけど、確かにクロンパという名前は覚えやすいなと思った。もう一人の3位になったタイの選手の名前はワナスリチャンと何度聞いても覚えにくいけどね。

深見東州先生によると、ゴマスリチャンと覚えるらしい笑。

 

準決勝を制した今平周吾勝利インタビュー

 

ところで、8日の準決勝は、鳩山カントリークラブまでワールドメイトの仲間と足を運んで観戦してきた。

この日の今平周吾と池田勇太の対戦はものスゴい試合になった。もう一つの準決勝、クロンパとワナスリチャンも良かったようだけど、今平池田組みについて回ったので、そちらはほとんど見れなかったけどね。

スコアも抜きつ抜かれつで、最後の最後までどちらが勝つかわからなかった。先に打った方がピンそばにつけると、後から打つ方はさらにピンにベタづけするなど、お互いにミスの少ない、ハイレベルでの伯仲した試合になった。

事実上の決勝戦のような雰囲気で、互いに譲らず、オールスクエアで最終18番ホールに突入したときには、これは去年のような延長戦になるのかなと思ったけどね。

そうはならず、最後は池田勇太が力尽きたのか、パットを外したのに対し、今平は手堅く沈めて勝負がついた。

 

マッチプレーを目の前で初めて観戦したけど、というかストロークプレーの試合もあまり現地で観戦したことかないけど、マッチプレーは面白いなと思った。

素人が見ても、勝ち負けがホールごとに決まるのでわかりやすい。そして、選手の集中力がスゴいので、こちらまで固唾を飲んでドキドキしながら見てしまう。

ストロークプレーだったら、ふつう3人で回るから、さっさと進んでいく感じがするよね。あそこまで集中して大事に打たないんじゃないかなって思った。

マッチプレーはトータルの打数で勝っても勝ちにならないから、目前のホールを一つ一つ勝って行くしかないし、逆にミスして落としてしまうと、どんどん流れが苦しくなってくる気がした。

 

ということで、1日しか見てないけど、とても楽しめた。一応、今回の大会の主な結果を、動画でさらっと見ることができる。

3回戦その1

3回戦その2

4回戦その1

4回戦その2

準々決勝

準決勝

決勝

 

それから、来季に向けての新たな試合の構想について、国際スポーツ振興協会会長の半田晴久(深見東州)会長から、お話があったそうだ。

 

ISPS主催の半田会長、千葉での来季新大会を明言

ISPSハンダ・マッチプレー選手権を主催する国際スポーツ振興協会の半田晴久会長(67)が、来季はレギュラーツアーでの主催大会を1試合増やすことを明言した。「8月に『ISPSハンダ東京オープン』を千葉で開催します。賞金5000万円の市民参加型トーナメント。4日間入場料無料です」。マッチプレーは賞金総額1億円に変更し、残る1億3000万円を新規トーナメントの運営費の一部に回すとした。マッチプレーについても、予選ストローク、決勝マッチプレーなど大会方式変更を検討しているという。

また、11月のISPSハンダ・ワールドカップ(オーストラリア)について、契約プロの谷原秀人が小平智からパートナーの指名を受け、快諾したことを明らかにした。

 

11月には、またワールドカップがオーストラリアで開催されるそうだ。

今回の日本チームの小平智と谷原秀人には、ぜひ優勝を期待したいよね。

 

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.