world mate happy

ワールドメイトっぽい日々

世界金融恐慌のガンは・・

投稿日:

今日はワールドメイトの衛星がないからね。金融の勉強をしたんだけどね。( ̄∇ ̄;)

金融危機はサブプライムローンの焦げ付きが問題なのかとばかり思ってたけど、実際は引き金に過ぎず、それだけなら大したことはないんだってね。

貸出しのリスクを商品化した金融商品があって、それをデリバディブというが、さらにそのリスクを引く受けるデリバディブがあって、それがCDSと呼ばれるらしい。
これはうまく機能すれば、借り手が返せなくともCDSという保険からもらえるので、どんどん貸し手は貸すらしい。

問題は焦げ付きはないという、思いこみで投資銀行とか保険会社、が発行していたらしく、CDSだけで、その規模54兆ドル・・・。
規模が規模だけに、市場がまだ不安で治まらないわけだね。
焦げ付くことはないから、払うこともないだろうとタカをくくっていたわけで、要するにお金は使ってもうないということだろうね。( ̄〜 ̄)

こんな危ない商品を引き受けている金融機関が世界中に散らばっていて、お互いに疑心暗鬼になったところから、金融市場の混乱が始まったらしい。

とにかくこういうあらゆるものがアメリカで証券化され、ほとんどがドル建てで、アメリカに世界中のお金が流れ込む仕組みになっているんだね。

なんとなくわかったようなわかんないようなだけどね。( ̄∀ ̄;)

でもこういうシステムが、事実上崩壊しようとしているわけだ。

中国も、ドルでたくさんの証券を保有しているらしいから、これからが大変だね。
アメリカの証券価値がどんどん下がれば、あっという間に、中国の膨大な資産がなくなることもありうる。

そのなかで日本の銀行は、当時の小泉・竹中改革の中で、こういう商品に手を出せなかったらしい。
当時、銀行が文句を言っていたらしいが、結果としてそのおかげで今、無傷で済んだわけだね。ヾ( ̄ワ ̄;)ノ

すごいことだよね、小泉さんの改革は、格差是正までは手が回らなかったけど、日本の経済界を救ったんだね。
しかも世界中から日本の銀行にお金を借りたいと言ってきてるくらいだからね。

円が世界の基軸通貨までは難しくても、日本が将来のアジアのリーダーになる道が見えてきたね。∑ヾ(⌒ω⌒;)
byあんこ

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.