ワールドメイトっぽい日々

ひょうたんは、太い方を握れ!!

投稿日:

深見先生のお父さんだったか・・
今はお亡くなりになっているそうだけど・・。
「ひょうたんは必ず太い方を握れ」と、いつも深見先生にいわれていたらしい。( ̄▽ ̄)
ひょうたんは、あんまり握った記憶が無いんだけどね・・。
たしかに太い方と、細い方が両端にあるよね。

その太い方を握れといわれているわけね・・。
なぜかというと、太い方を握ると、細い方を握る人から、ひょうたんを簡単に取ってしまえるわけ。Σ( ̄ワ ̄;)
深見先生のお父様は、ビジネスの世界に生きて来られたから、要するに人の下馬にいくなということだろうね。

これは経営者はもちろん、ビジネスマンならばあたりまえのことだろうけどね。
でも、宗教をやったり、神の道にきた人の中には、それができない人が案外多いようだ。
どうしても観念で、あんなことしたらおかしいとか、そんな考えはおかしいとか、判断しちゃうんだよね〜。

たとえばゴマすってまで上司にとりいり、出世するのはいやらしいとか・・。
えこひいきする上司や、正しく評価してくれない、思うことがいえない、派閥があるとか、納得いかない、なので協調していっしょにやれないとか・・。
神様のことを熱心にやると、ちょっとでも汚いことが、許せなくなる人いるよね。
気持ちはわかるんだけどね〜。

「自分の観念やイデオロギーで人を裁いちゃいかん」と、ワールドメイトの深見先生の講演会にもよく出てくる話だけど・・。
神道は現実に即して、観念が無い宗教だからね。人が喜んで、幸せになればいいと・・。
ビジネスマンは、相手や組織を善悪で裁かないで、とりあえず相手の人に喜んでもらって、現実に即して受け入れるわけだ。

どんなことがあっても、ひょうたんの太い方を握るようにしなきゃいけないんだね。
現実はどうなのか、だれが組織を動かし、だれが力を持っているのか・・。
そこを鋭く見抜いていく力がなければだめだそうだ・・・。
そうして太い方を握るようになって、出世して偉くなれれば、そこで組織の悪い所だって改革できるし、弱い立場の人にも思いやりのある対応で、助けてあげることもできるよね。
そうなって本当に人を救えるわけだ・・。現実はまさにそのとおりだよね!
これが神の道を信仰する、ビジネスマンの正しい心得なんだね。

そしてライバル会社にも勝ち、売上を上げないと、会社は潰れるわけだから・・。
なにがなんでも絶対に負けない、競争に勝つ。絶対に勝たないといけないわけだよ。
その時に権現さんのような強烈な、悪に強い神々様が、その人の財を守ってくれる。
ちゃんとそういう力強い、パワフルな神様が、日本にはいるんだよね〜。けっして清らかで繊細なだけが神様の世界の全てではないわけだからね。

ワールドメイトの会員は、そこを使い分けていかないといけないんだね。( ̄— ̄;)

だからあんまりかたいことばかりいっていたら、神様の道も、ビジネスの道も、両方いっしょにはやれないし、やがていきずまるんだね。
自分で勝手に矛盾を感じて続かなくなるよね・・。
この世で矛盾の無い組織や、会社や、人間なんて、ありえないからね。
矛盾があるのが人間の営み、組織だし・・・。┐( ̄ヘ ̄)┌
その現実の矛盾を見て、そのまま愛してあげたらいいんですよ・・幸せにしてあげたらいいんですよ・・、自分ものっかって幸せになったらいいんですよ・・・と深見先生は言われる。
それをジャーナリストじゃないんだから、どうこう言ってどうなるんですかと、・・。
そこまで、人間の本質、社会の本質を理解してやっていかないと、現実に生き貫くなんてできませんよ・・・といわれていた。

学校で優秀だった人は、必ずなんでも答えがあると思っているけど、そうでないことの方が、世の中、圧倒的に多いのが現実だからね〜。( ̄△ ̄;)
でもそんな答えがないような、矛盾だらけの人間を動かしている微妙な何かがあるわけで・・・。
それを体験から掴み取って現実の生活に生かす・・、と言われていた。
それには、人間は感情の生き物だから、人情の機微をわきまえないといけないそうだ。

結局、宗教にしても現実社会にしても、そこまで深い人間理解にもとづいてやらないと、この世の中ではなにごとも成就しないということだよね・・・。
深見先生はそんな深い人間理解があるから、なにやっても成功されるんだろうね〜。( ̄▽ ̄)=3
byあんこ

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.